PR

赤ちゃんのスキンケアLesson

ママからの質問でよくあるのが「保湿してるのに、うちの子なぜか乾燥してるんです……」というもの。実はこれ、正しい保湿ケアができていないからかも!今回は、赤ちゃんの正しい保湿ケア方法について教えます。

保湿剤ならなんでもいいというわけではありません。赤ちゃんの肌は大人の肌に比べてとってもデリケート、だからこそ赤ちゃんの肌に合った保湿剤を選んであげましょう。1つ目のポイントは成分です。香料・着色料などが入っていない低刺激のものがオススメ。

2つ目のポイントは保湿のタイプ。保湿剤には大きく分けて、ローション、乳液、クリーム、オイルがあります。秋冬の乾燥が気になる季節には、乳液やクリームなど油分が多いタイプの保湿剤を選ぶといいですね。

多くのママが赤ちゃんに保湿剤を塗っているのを見ていると、量が足りない人がほとんど。塗り方のポイントは、とにかくたっぷりの量で、こすらずすみずみまで塗ってあげることです。塗った後、赤ちゃんの肌がツヤツヤと光って、ティッシュが張り付くくらいが目安。胸、お腹、背中、おしり、腕、足と全身保湿してあげましょう。赤ちゃんの肌はとっても繊細なので保湿剤はこすらずに、すーっと伸ばすように塗るようにしてください。首や足の付け根など見えないところもしっかり保湿を。もちろん顔も忘れずに!

「保湿ケアしています」というママによく話を聞いてみると、夜のお風呂上がりに1日1回だけということが多いです。赤ちゃんの肌はとっても乾燥しやすいので、たとえお風呂上がりに塗ったとしても、翌朝には乾燥してしまっていることがほとんど。最低でも、朝と夜の2回は全身保湿をしてあげましょうね。それ以外にも、赤ちゃんは汚れるたびに口周りや手、おしりまわりなど1日のうち何回も拭かれています。拭かれるたびに、肌は潤いを失っていくので「拭いたら保湿」という習慣もつくといいですね。

ママ&キッズを、初めてご利用のお客様全員にベビースキンケアのお試しサンプルを無料プレゼント!是非この機会にお試しください!

※お1人様1回のお申し込みのみ有効です。

ベビースキンケアのことなら

皮膚科専門医&小児科医もおすすめ!低刺激で生まれてすぐの赤ちゃんにも使える

赤ちゃんにもやさしく、ママにも使いやすいようにこだわったベビーライン。無香料、無着色、弱酸性、 パラベン(防腐剤)無添加など低刺激処方を重視しました。低刺激でありながら高い効果を発揮するので、デリケートな赤ちゃん肌にぴったりです。

詳しくはこちら

赤ちゃんのスキンケアLesson

ナチュラルサイエンスとは?

ナチュラルサイエンスは、アトピー肌の子どもをもち、自身もデリケートな肌に悩む、ママの声から誕生しました。生まれたての赤ちゃんから使えて、敏感肌のママも満足できる、低刺激で高保湿のアイテムを、皮膚科医や小児科医、産婦人科医の協力のもと開発しています。