7,8カ月ごろの赤ちゃんの食べ方

スタートから2カ月ほどたつと、口を閉じて飲み込めるようになり、1日2回の食事に慣れてきます。そろそろ次のステップへ。食材の種類、かたさや量などを変えていきましょう。この頃の赤ちゃんは食べ方は積極的に口を開けるなど、食事への欲求が強くなります。

自分から口を開ける

スプーンを口もとに近づけると、自分から口を「アーン」と開けて、離乳食を食べようとします。

モグモグ食べる

口をしっかり閉じて、モグモグと食べるようになります。舌を前後や上下に動かし、食べ物を上あごと舌でつぶせます。

ある程度の量を食べる

あごや消化機能が発達するにつれ、食べる量が増加。1回の量は赤ちゃん用茶わんの1/4杯ぐらい。


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。