調理の基本テクニック

大人とは違う赤ちゃんのごはん…どんな風に作れば?? ここでは離乳食作りでよく登場する、基本の調理法をご紹介します。調理のイメージがしやすくなるはずです。

離乳食作りに欠かせない9つの基本的な調理法を知っておきましょう。

刻む

2319bd531f9ffa37e6ad1fc4c70d4e48赤ちゃんが食べやすい大きさに包丁で刻みます。食材の繊維は、包丁を縦横に動かして断ち切ります。包丁やまな板は、常に清潔を保ちましょう。

2 

すりおろす

4be4bef2691da17852cc8d044199f9765、6カ月ごろは、食材をすりおろして使う機会が多いものです。にんじんやかぶなどは、すりおろしてから火を通すと、調理時間を短縮できます。

3 

すりつぶす

C0e6f7c73d25b87507d26c7f2c8c60c8刻んだりゆでたりしてやわらかくした食材をすり鉢に入れて、すりこ木を使ってすりつぶします。熱いうちにすりつぶすと手早くできます。

4 

湯でのばす

7419530832c2019f51630863d8bf7c0e刻んだりすりつぶしたりした食材を飲み込みやすくするために、湯を加えてすりこ木でなめらかにのばします。水分は少しずつ加えるのがポイント。

5 

あえる

7cb968060b9e349eac90af843737d82e2つ以上の食材を混ぜ合わせて、食べやすい味や食感にします。少量をあえる場合は、スプーンや小さめのゴムベラを使うと便利です。

6 

ゆでる・煮る

4cf41d5f48fe2f598d8e3ce193dfc4a6食材を切ってゆでたり煮たりすると、やわらかくなり食べやすくなります。白身魚などの生物は、中までしっかり火を通すように気をつけましょう。

7 

焼く

54a3c17b66b2005d4d674763ef41a5798カ月ごろになると、香ばしく焼く調理ができるように。フッ素樹脂加工のフライパンなら、油を引かなくてもこびりつきません。

8 

いためる

Bda30f6a2ca43b1cb59dbc1260a2e0b09カ月ごろになると、少量の油を使ったいためものも食べさせることができます。量が少ないので、小さめのフライパンを使うと便利です。

9 

とろみをつける

Fc944daa9188a42c4b3267d2600b1467とろみをつけると、のどごしがよく食べやすくなります。水溶き片栗粉でとろみをつけるときは、煮立たせてから加えるのがコツです。


出典:大人気! クックパッドの離乳食(学研パブリッシング)より

ベビーカレンダー編集部

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。