たばこを誤飲した時の応急処置

たばこを誤飲した時の応急処置

たばこの誤飲がダントツに多い

赤ちゃんの誤飲事故のうち、圧倒的に多いのがたばこの誤飲。発生件数の約半数を占めています。たばこを吸う家庭ではたばこや灰皿を赤ちゃんの手の届かない場所に置くのはもちろんのこと、灰皿に吸殻をためない、ジュースの空き缶を灰皿代わりに使わないといった注意が必要です。しかし、一番大切なことは事故防止と健康のためにも、たばこの無い家庭にすることです。

 

 

■応急処置:たばこはすぐに吐かせる

  • たばこに含まれるニコチンは体内に吸収されるのが早いので、赤ちゃんがたばこを飲んでしまった場合には口の中に残っているたばこをぬぐい取り、すぐに吐かせます。吐かせたら急いで病院(小児科、外科)へ連れて行きましょう。
  •  
  • [1] コップ1〜2杯の水を飲ませる。飲まないときは鼻をつまんで口を開かせて飲ませる。
  • [2] 赤ちゃんの口に指を入れ、舌の付け根を強く押して吐かせる。後ろ向きに抱いて一方の手で胃のあたりを押してもよい。
  •  

監修/三石 知左子先生

 

2015/07/02

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

あなたも先生に質問してみませんか?

ご投稿頂いた質問に、頼れる先生方が返答致します。きになる出産の悩み・疑問をおよせください。

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生