大学入学初年度にかかる学費

大学入学初年度にかかる学費

■ 祝!合格 費用準備は万端?!

大学の場合、特に私立大学の場合は進学コースによって、さらに自宅か自宅外からの進学かによって、入学時に準備する必要のある費用は大きく異なります。
最高額の「私立」+「医歯系」コースで初年度に必要な費用はなんと、938万円。もっとも費用が安くすむのは、現時点では国立大学。初年度にかかる学費合計は82万円、私立医学部と比較すると10分の1以下、私立大学で医歯系以外の学部の平均費用が147万円ですので、こちらと比較してもかなりコストをおさえることができます。
さらに自宅外からの入学であれば、「敷金・礼金・前払い家賃・家具電化製品代」「引越し代・数回往復分の交通費」「宿泊費」など、雑多で多額の費用も予想され、準備はさらに必要となります。私立医歯系にアパートを借りて通学するとなれば、1000万円以上の初期費用を見込んでおかなければなりません。
自宅外通学の費用負担を軽くする方法には、学生寮などの利用があり、こちらなら大幅に出費を抑えられる可能性があります。
 

■ 入学時に用意する目標額は進学コースによって大きく違う

ただし、子どもの希望と学力によって、どのコースを選ぶのか、まだ小さな子どもを育てるママが予想するのは不可能です。学資保険や積み立ての目標は、医歯系の場合を除いた平均額120万円程度に、自宅外の可能性が高い場合は若干上乗せした程度の額を準備する程度にとどめ、それ以上かかった場合は、奨学金制度の利用によって、コストをおさえたり子ども自身に費用を負担させるなど、さまざまな方法があるのではないでしょうか。
 

 

 

大学4年間の費用合計と準備資金 ~総額いくら必要か?

大学にかかる費用の総計は、学費だけではなく、子どもの交際費や書籍費など、さまざまな支出も必要となってくるため、よく雑誌などで特集されるように、4年間には驚くような額になります。しかし、多くの学生がアルバイトをしたり、奨学金を取得しているため、実際の仕送り額(自宅の場合は子どもにかかる費用)はそれよりは少ない額となっているようです。

そこで、はっぴーママでは文部科学省(平成15年)調査による、学費および生活費などのデータなどによって、実際に親のお財布から出て行くお金の4年間総額を計算してみました。
 

 

●入学時学費関連:私立大学等の平成15年度入学者に係る学生納付金等調査結果(文部科学省)
  および国立大学等の授業料その他の費用に関する省令(文部科学省)
●4年間学費および生活費:平成14年度学生生活調査結果(文部科学省)より、初年度分授業料
  (※入学時学費関連に含む)を差し引いて計算。
●入学時諸経費:編集部にて家賃相場(関東)・引越し費用および受験費用・交通費等から想定
  にて計算

 

■ 仕送り・アルバイト・奨学金

入学初年度にそれまで積み立てた学資保険を使い切った後は、どの程度の費用が必要となってくるのでしょうか?学費のほかにも、大学生ともなれば、交際費などにかかる費用も増えてきます。文部科学省のデータによると、自宅・国立でも年100万円は必要のようです。
しかし、同時に、高校生までと違って大学生は、子ども自身が奨学金を取得したり、アルバイトをしたりして、自分のためのお金を用意する能力があります。私学でも、少子化の影響で、優秀な学生の入学を増やすために、奨学金制度の新設が増えています。
また、どうしても自宅外からの通学が必要な地域にお住まいの場合、あるいは自宅外からの通学でなければ通えない学校を子どもが希望する場合は、学寮の利用によっても大幅に出費を減らすことが可能です。
もちろんアルバイトなどは、学業の支障にならない範囲で行うべきではありますが、すべてを親が用意する必要はない、と割り切って、資金計画のためには実際にどの程度親の財布から支出するのか、をベースに考えていけばいきましょう。
 

■ やはり早いうちからの準備が重要

たとえば、自宅から私立大学に通った場合、上記の表のように、4年間総額で579万という数字。ここから考えると、学資保険で入学時に必要な経費147万円は充当できたと仮定し、(残額432万円÷4年間=)約108万円/年(月なら9万)の支出を子どものために考えておく必要がある、ということになります。現在30歳のパパ(世帯主)が48歳のときの年収を平成15年の男性会社員(45?49歳)の平均年収と仮定すると、651万円。108万円はそのおよそ6分の1=16%にあたります。
特に自宅外からの通学となりそうなご家庭の場合には、国立進学でも自宅から私立に通う場合と同じ程度を、私立自宅外ならよりいっそう多くの費用負担を、考えておかなければいけません。
この負担を少しでも少なくするためには、やはり早いうちからの子ども名義の預金や学資保険で備えておくことが役にたちます。子どもが0歳?3歳のうちから預金すれば、月2万でも、2×12ヶ月×15年間=360万円+利息分は用意できるのですから・・・!
 

 

2015/07/06


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。