生後9〜10カ月

生後9〜10カ月

 

9カ月をすぎるとはいはいが素早くなり、行動半径が広がります。自分でつかまり立ちをする子も。昼間遊ぶ時間が増え、夜泣きがピークになります。離乳食は3回食になり、赤ちゃんの世界がぐんと広がる時期です。

 

 

赤ちゃんの成長

男の子

・身長約68.8〜74.8cm

・体重約7600〜9800g

 

女の子

・身長約67.1〜73.2cm

・体重約7200〜9300g

 

※身長体重は「平成22年度厚労省調査」から、男女別に10-90パーセンタイルの値を記載。10g単位は四捨五入しています。また、早産のお子様は修正月齢(出産予定日からの月齢)でお考えください。

 

・はいはいが素早くなる

・つかまり立ちをする子も

・せがむなどの意思表示をする

 

 

9カ月になるとそろそろつかまり立ちを始めます。ソファなど赤ちゃんがちょうど腕を前にのばした位置にある物には、なんでもつかまって立とうとします。はいはいをしないでいきなりつかまり立ちして、やがてそのまま歩く子もいます。ただし、つかまり立ちといってもまだ足腰はしっかりしていません。ママがそばで見ていてあげましょう。後追いをしたり、抱っこをせがんたりと意思表示をするようになる子もいます。

 

 

生活リズム

・3回食の時間を決める

・生活リズムを保つ

・生活リズムをリセットしたい日こそ早起き

・夜泣きがはじまる子も

 

3回食をスタートさせると慣れないうちは忙しく、生活リズムが乱れ気味に、特に3回目の食事は19時までに食べ終わるようにしましょう。しっかり睡眠が取れていないと、赤ちゃんも機嫌が悪くなり、離乳食の時間もぐずぐずするように。生活リズムを立て直す方法は、つらくても1日早起きをして、しっかり朝日を浴び、たくさん動くことです。この時期から1才までは、夜泣きが続くことがあります。平日赤ちゃんのお世話をしていて疲れが溜まった時には、土日だけでも寝かしつけを他の人に代わってもらうとラクになれます。

 

 

【おっぱい・ミルク・離乳食】

・3回食へステップアップ

・鉄分不足に注意

・コップで飲む練習をする

 

生後9カ月になり、3回食がスタートします。栄養の60〜70%を離乳食から取るようになります。そろそろ哺乳瓶は卒業してコップで飲む練習をしましょう。この時期、赤ちゃんの体内の貯蔵鉄が減少し、鉄欠乏になる可能性があるの

で、鉄分を多く含む食品を食べましょう。レバー、赤身魚、赤身肉、ほうれん草、小松菜、かぶの葉、ひじき、納豆、大豆などがおすすめです。

 

生後9〜11カ月ごろの移行の目安

赤ちゃんに、ひと口サイズに薄く切ったバナナをあげてみましょう。口に入れてカミカミできるようならGOサイン。たとえ7〜8カ月ごろの量をクリアしてなくても大丈夫です。赤ちゃんの舌の動きは前後、上下に加えて左右にも動きます。食べ物を舌で寄せてつぶす、高度なテクニックも備えています。

 

 

カミカミ期の調理ポイント

野菜は5ミリほどの粗いみじん切りにしましょう。慣れたら7ミリくらいにします。固さは指でつぶせるくらい、バナナの感触が目安です。手づかみで食べたがる赤ちゃんもいるので、かぼちゃなどを細長く切り、持たせてあげてもいいですね。調味料に、ごく薄のしょう油、塩、マヨネーズを使ってもOKです。

 

 

この時期のポイント

 

9~10カ月健診に行きましょう

はいはいやつかまり立ちの様子を調べます。離乳食の進み具合について心配なことがある場合も相談してみましょう。アレルギー反応があった食材などがある場合は、何を食べて、どんな反応があったかを伝えられるようにしておきましょう。

 

 

ママやパパと一緒にごはん

3回食のリズムをつかんできたら、家族みんなで同じ時間にごはんを食べましょう。「おいしいね」と話しながら食べることで、赤ちゃんの食欲も増します。シンプルなスープなどなら、みんなで同じメニューを食べることもできます。大人の食生活の見直しにも、赤ちゃんの食育にとってもいいことです。パパとママがダイニングテーブルで食事をする場合は、赤ちゃんも同じテーブルで食事ができるイスを用意してあげましょう。

 

 

はっきりした声で意思表示

表情が豊かになり、うれしいときはニコニコ笑顔、不満なときは口をとがらせて怒った顔をすることもあります。「いや」「ほしい」と言ではいえませんが、「ダ、ダ、ダ」など喃語で、かなり感情をこめて話すようになります。声の出し方も抑揚がはっきりし、いかにも話しているかのようになります。

 

 

【TODOリスト】

□離乳食は3回食へ

□9〜10ヶ月健診を受けよう

□鉄分不足に注意

□コップ飲みの練習をスタート

□お食事イスを準備

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

 

2015/07/08


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。