生後1歳0〜1カ月

 

1歳の誕生日を迎えた赤ちゃん、そしてパパとママおめでとうございます。出産してから今日まで、大変なことも楽しいこともいっぱいありましたね。1歳を過ぎると、発育のスピードはゆっくりになります。自己主張が芽生え、まだまだお世話は大変ですが、これからもすくすく成長する赤ちゃんを見守っていきましょう。

 

赤ちゃんの成長

男の子

・身長約71.7〜79.1cm

・体重約8200g〜10.7kg

 

女の子

・身長約70.0〜77.5cm

・体重約7600〜10.1kg

 

※身長体重はの「平成22年度厚労省調査」から、男女別に10-90パーセンタイルの値を記載。10g単位は四捨五入し

ています。また、早産のお子様は修正月齢(出産予定日からの月齢)でお考えください。

 

・バランスをとって立つ

・泣かずに気持ちを伝えられるように

 

体重があまり増えなくなり、身長が伸びるため、スマートになります。個人差はありますが、生まれて1年で身長は1.5倍、体重は3倍くらいになり、いわゆる幼児体型になります。つたい歩きから、ときどき手を離し二本の足で立ってバランスを取り始めるのがこの頃です。すでにひとり歩きを始めている子もいますが、運動機能には個人差があります。まだ歩けなくてもたっちができたのですから、あんよはもうすぐだとおおらかに構えていましょう。泣くことで何かを要求することがぐっと少なくなり、欲しいものやしてほしいことを言葉と動作で伝えようとします。喜怒哀楽の感情がはっきりしてきます。嫉妬心、反抗心も目覚め、気持ちを伝えようとします。

 

 

生活リズム

・朝は8時までに起床

・夜は20時までに就寝

・お昼寝は1回に

・15時頃にはお昼寝を切り上げる

手洗い、あいさつなどの習慣を

 

お昼寝は2回から1回にまとまりましたか?1歳を過ぎたら基本的な生活習慣として、あいさつ、手を洗う歯を磨くなどを身につけていきましょう。大人がやっているのを見せると、この時期の赤ちゃんはまねが好きなので一緒になってやるようになります。

 

 

おっぱい・ミルク・離乳食

・1歳〜1歳6カ月ごろの食べ方に移行

・栄養のほとんどを離乳食から取るように

・捕食としておやつをあげる

 

1歳になると歯ぐきで噛んで食べられるようになります。栄養のほとんどを離乳食からとるようになります。1日1〜2回、捕食としておやつをあげましょう。この時期は食べたり食べなかったり、その日によって食事の量がまったく違うことがありますが、あまり気にしなくて大丈夫です。栄養バランスは1週間で考えましょう。

 

 

ステップアップの目安

指で軽く押してつぶれるくらいのものが、モグモグ・ゴックンできればOKです。1歳からの離乳食の基本は、噛む力をアップさせることですから、やわらかい離乳食の中にちょっとがんばらなくては噛めないものを入れておくのが第一段階です。これに慣れたら、徐々に大人が食べてやわらかいなと思うくらいの固さにしていきましょう。

 

離乳食後の授乳とミルクを徐々に減らす

離乳食後の授乳やミルクは徐々に減らしていき、食事でしっかり栄養をとりましょう。まず哺乳瓶をやめ、コップやストローに替えていきましょう。コップならそうたくさん飲むことはできないのでおすすめです。

 

おやつタイムも栄養たっぷりに

一度に少ししか食べられない子は、おやつタイムを利用して食べさせてあげましょう。チーズなど栄養たっぷりなものをプラスするのもよいでしょう。

 

 

離乳食を食べてくれないときの対応

 

ママも試食してみましょう

冷蔵庫の臭いが移っていたり固さが合わなかったりなど、子どもが嫌がる原因があるのかもしれないので、ママが食べてチェックしてみましょう。やわらかすぎると食べてくれないこともあります。口の周辺の筋肉が発達してくるので、固形でないと食べにくい場合もあるのです。

 

お友だちとランチ

同じ月齢の子がいるとつられて食べたということもあります。お友だちを招いてランチ会を開くのもいいでしょう。ママたちがどんな作り方をしているのか、また離乳食だけでなく育児についても情報交換できます。

 

お腹はすいてる?

食事前にちょっとしたお散歩に出かけてお腹をすかせてみましょう。また、スプーンが口に合っているかも重要ポイントです。スプーンが大きすぎる場合は、小さめのスプーンに替えてあげましょう。

 

 

この時期のポイント

 

1歳健診を受けよう

一人歩きや伝い歩きができるか、「パパ」「マンマ」「ブーブー」など意味のある言葉が1つ2つ言えるようになっているかがポイントになってきます。この時期の言葉は意味がわかって言っているのが特長です。実施しない自治体もありますが、目や耳や神経のトラブルが発見されやすい時期なので、なるべく受けるようにしましょう。

 

 

まねっこ遊びをしよう

まねすることで、また一歩成長ぶりを見せます。この時期、なぜかスマートフォンに興味をもつ子が多いようです。メールが来たり、電話がかかってくるとそばにきて握らせてほしいとせがみます。他にもスプーンを使えるわけではないのに、手に持って振ったりします。ママがスプーンをもつ動作をまねているのでしょう。

 

 

卒乳はいつする?

1歳になったら卒乳しなくては、と慌てることはありません。離乳食が進み、ほとんどの栄養を食べ物で補えるようになってきたら考え始めましょう。ただし授乳には栄養だけでなく、赤ちゃんが安心感を得られるという面もあるので、無理やり行うのはやめましょう。

 

 

歯のじょうぶな子に育てましょう

歯肉炎は放っておくと歯周病になり、歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は大人だけがかかる病気ではなく、最近では子どもにも増えています。子どもがよく食べるやわらかい食べ物は、歯にくっつき歯垢ができやすいためです。歯と歯ぐきのプラークコントロールを小さいうちからスタートしましょう。

 

 

噛むことの大切さを再確認

噛むことができないと、唾液の分泌が不十分になってしまいます。すると口の中は酸性に傾き、虫歯もできやすくなります。子どもの歯を歯周病や虫歯から守るために大切なのは、噛む力をつけることです。歯が生えてきたらしっかり噛むことを教えましょう。下あごを動かしているかどうか確認して、うまく噛んでいないようなら様子をみて歯医者さんにも相談してみましょう。

 

 

TODOリスト

□1歳健診を受ける

□バースデーグッズの用意

□1歳の誕生日を祝う

手洗い、あいさつの習慣を

MR(風疹・麻疹混合ワクチン)の接種

□卒乳の計画を立てる

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

 

2015/07/09


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。

ベビーカレンダー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。