1歳2〜3カ月

1歳2〜3カ月

 

手や指を動かすことが、さらに得意になります。上手にお菓子をつまんで、口に運んだりします。おもちゃのオルガンやピアノのキーボードを指でたたくのも力強くなってきます。

 

 

赤ちゃんの成長

男の子

・身長約73.6〜81.1cm

・体重約8500g〜11.1kg

 

女の子

・身長約71.9〜79.6cm

・体重約7900〜10.5kg

 

※身長体重はの「平成22年度厚労省調査」から、男女別に10-90パーセンタイルの値を記載。10g単位は四捨五入し

ています。また、早産のお子様は修正月齢(出産予定日からの月齢)でお考えください。

 

・体つきがしっかりする

・意味のある単語を話すようになります

 

骨格、筋肉ともしっかりしてきます。まだ危うい感じですが、ひとりで歩き始め、上手に安定をとっている姿を見ることができるかもしれません。腕を前に出し、バランスをとりながら、足取り確かに歩く姿を見せてくれる子もいます。「ブーブー」と車を指さしたり、この時期の赤ちゃんは、コミュニケーションとしての言葉を覚えているようです。言葉を理解する能力はかなり進歩しています。言葉を発するのが苦手な子でも、パパ、ママが言っていることはかなり理解しているようです。いたずらをして「コラ」と怒られると、ごまかし笑いをしたりします。喜怒哀楽の感情に加わり、嫉妬やテレの表情を見られることもあります。理解力、記憶力がぐんぐん発達しています。お気に入りのおもちゃをしまうと自分で引っぱり出してきたり、「おやつよ」と声をかけるとテーブルにつくこともあります。この時期は、ママ、パパの話しかけが赤ちゃんを育てます。たくさんおしゃべりしましょう。

 

 

生活リズム

・早寝早起きをしよう

・外を歩かせて遊ぼう

・排泄の意識をつけよう

 

早寝習慣をつけるためにしたいことは、昼は日光にあたり体を動かすことです。夕方はなるべく早く、できたら18時ごろお風呂に入れてあげましょう。1日の終わりを20時前に設定してスケジュールを立てると、自然と早寝早起きになります。この頃から、おしっこの出る感覚が分かる子もいます。おむつを触ったりしているときには「おしっこが出ね」と声をかけてあげましょう。あんよが始まったらお天気のよい日は外遊びに行く回数を増やしましょう。外でのあんよは家の中と違い、かなり難しいと思います。わずかな段差でも転びやすいので注意しましょう。少しだけ立たせて歩か

せるなど工夫をするといいです。子どもが新しい刺激に触れ、いっそうやる気になるはず。

 

 

おっぱい・ミルク・離乳食

・栄養のほとんどを離乳食から取るように

・捕食としておやつをあげる

 

大人と一緒に朝・昼・晩の3回食べるようにしましょう。夕飯は19時までは済ませるように。食事で足りない栄養を補うため、捕食としておやつをあげます。必ず時間と量を決めてあげましょう。またスプーンやフォークに興味を示すよう、食卓に置いておきましょう。

 

 

この時期のポイント

 

かんしゃくを起こします

なんでも、自分でやりたがる時期です。かといってうまくできるわけではないので、かんしゃくを起したりします。かんしゃくを起こすのは、自我が芽生えた証拠。ママはいっしょに興奮せず、一歩引いて見つめてあげましょう。

 

 

自分の世界で遊び始めます

1歳前後からひとり遊びをする時間も多くなります。おもちゃを並べたり絵本を見ながら「ゴニョ、ゴニョ」となにやら話すなど、この時期の子どもは自分の世界で遊ぶのが好きです。こんなときは子どもの気をそらさないように静かに見守っていてあげましょう。

 

 

甘えて愛情を欲しがります

この時期は後追いが激しくなり心配するママもいます。「1歳になったんだから」などと言って、焦ってしつけを急がない方がママや赤ちゃんにとっては大切です。この時期の子どもはまだママとの一体感が必要なのです。できるだけしっかりスキンシップをとって大切に育ててあげましょう。

 

 

夜中に起きてミルクを欲しがるときは?

意外と多いのが夜中のミルク・コールです。ミルクは虫歯の原因にもなるので、水やお茶で落ち着かせてみてください。泣き出したら、汗をかいていないか確認してください。汗をかいていたらお部屋の乾燥が原因で、のどが乾いているのかもしれません。お布団をかけすぎの場合もあります。 おねんね空間の温度湿度もチェックしてみましょう。

 

 

お部屋を再度チェック

よちよち歩きが始まると、あっという間に部屋中が子どもの遊び場となってしまいます。頭に落ちたら危険なものはありませんか?誤って飲み込んだら危険な物を子どもの手の届かないところへ移動しましょう。

 

 

テレビや動画を見せすぎない

幼児番組のテーマソングが聞こえてくると釘づけになる子もいます。でも、あまり長い時間テレビにまかせっきりでは目が疲れてしまいます。テレビやビデオ、動画の時間は1時間くらいに決めて、子どもが画面の近くに寄りすぎないよう注意して。赤ちゃんとママが楽しむツールとして上手に使いましょう。

 

 

危ないときだけ「ダメ」と伝えて

1歳頃はしつけをスタートさせる時期です。とはいえ、まだ物事の善悪をきっちり分からせることはまだまだ無理です。この頃の子どもには安全を確保するためのしつけにポイントをおいてください。まず、危険なことをしたら手を取って「してはいけない」と教えましょう。怒られたことでかんしゃくを起こさず、ぐっと抑えることができたときはたっぷりほめてあげてください。

 

 

TODOリスト

□外歩きを始めよう

□靴をはかせて慣れさせる

□危険なときは「ダメ」と伝えよう

お部屋の安全チェックをしよう

□テレビや動画を見せすぎない

 

 

(監修/小枝達也先生)

 

 

2015/07/09


コメント

  • 1歳3カ月になるけど野菜を食べる方法はありますか?良かったら、聞かせ欲しい‼
    2016/12/1320:19
  • 野菜スープにして切り刻んで食べさしてます。 味噌汁・コンソメ・鰹ぶしなどで 味にも工夫をつけ、簡単ですよ~✌
    2017/03/1503:45
  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

クックパッドベビー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。