病気見舞いの手紙 - 手紙の書き方 -

病気見舞いの手紙 - 手紙の書き方 -

病気を知ったら、すぐに手紙を出すのも大切な心づかいです。 つい、「直接お見舞いに行こう」と考えがちですが、かえって相手の負担になってしまうことも多いもの。まずは温かい励ましの言葉を、手紙にこめて送りましょう。

 

 

急な病気の場合などは前文を省き、相手の病状を気づかう言葉を。「一日も早く回復されるようお祈りしています」というのが基本で、病状や治療方法にこと細かに触れたり、過度な同情の言葉は禁物です。長く患っている場合には、何回も出してあげることが励ましになります。

 

2015/07/27

コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

クックパッドベビー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。