妊娠7週(妊娠2カ月)

妊娠7週(妊娠2カ月)

 

産婦人科の受診を受けていれば、お腹の赤ちゃんの心拍が確認できる時期です。心拍が確認できてもまだ安心はできませんが、出産に向けて周囲への相談をしておくといいでしょう。

 

赤ちゃんの成長

  • ・大きさは1cm程度
  • ・重さは4g (さくらんぼ1個分)
  • ・心拍が確認できる
  •  

この頃の赤ちゃんの身長は約1cmほど。頭と胴は分かれ、手と足も分かれて二頭身の人間らしい形になります。脳や脊髄の神経細胞の約8割が完成しており、心臓も動き始めます。

 

ママの体の変化

  • ・子宮はレモンくらいの大きさに
  • ・高温期がつづく
  • ・つわりの症状が表れる

 

子宮がひとまわり大きくなり、レモンくらいの大きさになります。ですが、まだお腹の大きさには変化はありません。妊娠14週頃まで高温期が続きます。つわりの症状がこの時期から始まる人もいます。

 

 


 

栄養と食生活

つわりの症状が出始める人もいます。つわりのときは、栄養バランスのことは気にしなくても大丈夫。乗り切り方としては、小分けにして食べることがおすすめ。また、つわりのときは、水分が不足しがちになるので、水分補給を心がけましょう。生もの摂取には気をつけて。普段は平気でも、妊娠中は感染症になりやすくなっています。中でもリステリア菌とトキソプラズマ菌には注意が必要。リステリア菌は生乳や未殺菌の乳で作られたチーズやソフトクリームまたは、生ハムやスモークサーモンなどから見つかることが多いです。またトキソプラズマ菌は生肉や生ハムなどを食べると感染する可能性があります。どちらも感染すると胎児に影響が出るという報告もありますので、原因になりやすい食品は避けるようにしましょう。

 

その他の症状

肌の乾燥やかゆみ

妊娠初期はホルモンバランスの変化により、肌がカサついたりかゆくなることがあります。湿疹や強いかゆみがある場合は、妊娠中でも影響のない薬を処方してもらいましょう。刺激の少ない石けんや衣類を使うと、症状が和らぐこともあります。

 

気をつけること

の服用

妊娠7週までは「絶対過敏期」と呼ばれ、胎児に最も薬の影響が大きいと言われる時期です。その後も妊娠12週までは気をつけた方がいいでしょう。自己判断での服用は良くないですが、継続している薬を自己判断で中止してしまうことも良くありません。主治医の判断を仰ぎましょう。

 

ナプキンを常備しましょう

妊娠中はおりものが多くなり、突然の出血がある場合もあります。妊娠したからといってナプキンは捨てずにとっておき、外出中でも必ず携帯しておきましょう。

 

分娩予約は早めに

産婦人科によって分娩予約の時期は違いますが、健診で通っている産婦人科以外での分娩を希望の場合、いつまでに分娩予約が可能なのかを確認しておいたほうがいいでしょう。早いところでは妊娠6〜7週というところも。里帰りをするのかしないのかも含めて周囲との話し合いが必要です。

 

合併症があるママは気をつけましょう

膠原病や甲状腺の病気、心臓病、腎臓病、糖尿病などの合併症がある場合や、子宮筋腫、子宮腺筋症は早産を招く恐れがあります。これらの病気が判っていれば、早めに医師に告げて対応してもらいましょう。いずれにしても切迫早産とわかれば安静が第一になります。入院もしくは自宅静養で子宮収縮抑制剤を使用するなどの治療を行います。

 

 

この時期のトラブル

初期流産

原因は胎児側にあることがほとんど。10人に1人に起こる可能性があると言われ、後年妊娠の場合はその確率も高くなります。多量の出血や強い痛みが主な症状ですが、何も症状がなく病院で判断される「稽留(けいりゅう)流産」という流産もあります。

 

TODOリスト

の服用に注意する

アルコール、タバコをやめる

葉酸を摂取する

□母子手帳を受け取る

里帰りするかしないかを考える

□分娩予約をする

 

 

(監修/池谷美樹先生)

 

妊娠初期、何が必要?お買い物ガイド[PR]

 

 

 

2015/07/04

助産師に相談しよう!(無料)

クックパッドベビーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

クックパッドベビー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。