妊娠31週(妊娠8カ月)

妊娠31週(妊娠8カ月)

 

赤ちゃんは身長が41〜42cm、体重は1700gくらいになりました。呼吸の準備のため、羊水を飲み込んでは横隔膜を上下させています。大きな音や強い光にビクッと反応することもあります。やさしく話しかけてあげましょう。

 

 

赤ちゃんの成長

  • ・身長は約41〜42cm
  • ・重さは1300〜2000g程度

 

体が大きくなり、赤ちゃんは広い骨盤の中に大きな頭を下にして縦になります。口をクチュクチュさせたり、新生児のようなしぐさもしはじめます。

 

 

ママの体の変化

  • ・下半身が子宮に圧迫される
  • ・胎盤が成熟してくる

 

子宮が大きくなることで血流が滞り手足がむくみやすくなったり、静脈瘤ができやすくなります。むくみだけでなく、目のかすみや、週に500g以上の体重増加、手足のしびれがある場合は妊娠高血圧症候群の可能性があります。

 

 

 

栄養と食生活

赤ちゃんの脳や眼の神経細胞が増えるこの時期、あじ、さば、いわし、さんまなど青魚に含まれるDHAはぜひ摂ってほしい栄養素です。人間の脳の脂質の大部分を占めるのが DHA。ママが摂った栄養素は赤ちゃんにしっかり届いています。

 

 

その他の症状

 

正中線

おへそを挟んで上下に伸びる一本線を「正中線」といい、これは細胞分裂の合わせ目によるものです。妊娠するとメラニン色素の分泌が盛んになるため、茶色に浮き出て見えることがあります。産後見えなくなりますので、あまり気にしなくて大丈夫です。

 

 

肌のかさつきやかゆみ

妊娠中は肌が乾燥しやすくなりますので、かゆみや湿疹が出ることがあります。乾燥を防ぐために、こまめに保湿クリームを塗るようにしましょう。妊娠線ケアにもなります。もともとアトピー性皮膚炎があるひとは悪化する場合があるので医師と相談しましょう。

 

 

気をつけること

 

赤ちゃんを迎えるお部屋作りを

夜赤ちゃんが寝る場所と、日中の赤ちゃんスペースを決めましょう。エアコンが直接当たらないことも大事ですが、落下物がないことも重要です。これを機に、お掃除しやすいように物の整理をし、いらない物は捨てておきましょう。

 

 

この時期のトラブル

 

早産に気をつけましょう

早産とは、妊娠22週以降37週未満に出産になった場合を言います。妊娠22週を過ぎれば、万が一出産になっても赤ちゃんが育つことは可能ですが、早ければ早いほど大変です。安定期だからといって安心せずに、なるべく早産を防げる

ように、おなかの痛みや出血など、小さなサインも見逃さないようにしましょう。

 

 

TODOリスト

バランスの良い食生活を心がける

マタニティエクササイズなど運動をする

□赤ちゃんを迎えるお部屋作りを

 

 

(監修/池谷美樹先生)

 

妊娠後期、何が必要?お買い物ガイド[PR]

 

 

 

2015/07/07

助産師に相談しよう!(無料)

クックパッドベビーでは助産師に相談ができます。
知りたいことは助産師に質問してみましょう。
会員登録は不要です。


コメント

  • この記事にコメントする

    残り文字

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

クックパッドベビー監修者はこちら

  • 天神先生
  • 三石先生
  • 池谷先生
  • 小枝先生
  • 松井先生
  • 太田先生

あなたも質問してみませんか?

ご投稿いただいた質問に、頼れる専門家が回答いたします。気になる悩みや疑問をお寄せください。