過剰な摂取は危険?プルーンに含まれるビタミンAのとりすぎが心配

2016/04/14 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

お腹の中の赤ちゃんの皮膚や粘膜を作るのに必要なビタミンA。バランスよく栄養を取りましょうと言われるけれど取りすぎたらどうなるの?

 

Q.プルーンに含まれるビタミンAのとりすぎが心配です。

妊娠初期から貧血を指摘され、助産師さんにプルーンの摂取を勧められました。プルーン濃縮エキスを1日に小さじ1杯程度、ヨーグルトに混ぜて食べています。 しかし、プルーンに含まれるビタミンAを過剰に摂取すると、胎児に水頭症や口蓋裂のリスクが高くなるという情報をインターネットで見つけました。プルーン濃縮エキスを1日に小さじ1杯摂取する程度でも過剰になるのでしょうか?

 

A.過剰な摂取量でなければ問題はないものと考えます。

ビタミンAは脂溶性であるため、摂りすぎると体内に蓄積されてしまいます。不足すると夜盲症や皮膚乾燥症などの健康障害が生じますが、ビタミンA過剰症になると腎臓や中枢神経系に障害や奇形が生じる可能性があると報告されています。 1日3,300μgREのビタミンAを摂取したことにより、急性中毒が発生したという報告もありますが、過剰な摂取量でなければ問題はないものと考えます。プルーンを1日に少量摂取する程度で胎児に影響が生じることはまず考えられないと思 います。​

(回答/天神先生)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

今すぐ使えるQ&Aが見たい人はこちらへ

先生に聞いてみよう!Q&Aの投稿はこちらへ

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。