これって大丈夫?胆嚢が大きめで不安です。

2016/04/19 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

健診で行われる超音波検査では胎児の状態を見ることができます。そこで何か見つかったときどうしたらよいのでしょうか?

 

Q.胎児の胆嚢が大きめだと言われました。

妊娠28週の初産婦です。健診時に「胆嚢が少し大きめかな? 次の健診で確認しましょう」と言われました。 胎児の胆嚢が大きいと何か支障があるのでしょうか?

 

A.多くの場合、経過を見ていくことになると思います。

肝臓から分泌された胆汁を溜めておく器官が「胆嚢」です。胆汁の腸管への流れが悪くなると胆嚢が腫れます。通常、胆嚢は妊娠15~30週までに徐々に大きくなり、超音波検査で確認できることがあります。標準より大きめでも、問題ない例がほとんどですので、多くの場合、経過を見ていくことになると思います。 ちなみに胎児の胆嚢の異常が関係する疾患には、先天性胆道閉鎖症や先天性胆管拡張症があります。これらの疾患では生後、肝移植の手術が必要になることがあり 、手術後に胆管炎や黄疸などを併発する場合があります​。(回答/天神尚子先生)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。