妊娠中の局所麻酔について、ほんとうに大丈夫?

2016/04/21 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

妊娠中はお薬を使うことをためらう人も多いと思います。今回は歯の治療の時などにも使われる局所麻酔薬「キシロカイン」についてお話します。

 

Q.粉瘤切開手術時の局所麻酔の影響が心配です。

妊娠8週目に粉瘤が炎症を起こして腫れ上がり激痛を感じたため、「キシロカイン」の局所麻酔をして切開手術を受けました。皮膚科の先生には「妊娠中でも大丈夫ですよ」と言われていますが、妊娠中の局所麻酔がお腹の赤ちゃんに影響しないか、後からとても心配になってしまいました。大丈夫でしょうか?

 

A.心配されなくても大丈夫でしょう。

「キシロカイン」の局所麻酔の使用量は少なく、全身に移行する量は微量です。この局所麻酔薬の使用によって妊娠に影響を与えたという報告はなく、その可能性もないと考えられます。心配されなくても大丈夫でしょう。(回答/天神尚子先生)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。