子どももよろこび、部屋も片付く♪おもちゃを増やさない方法

2017/03/15 13:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
住まい
収納

 

 

おもちゃの片付けをひとつでも減らしたい!今すぐできる“おもちゃ減らし”のテクを伝授します♪

 

賢い子が育つ!?おもちゃ以外のおもちゃ

空いたペットボトルや牛乳パック、豆腐や果物のパックなども、子どもにとっては充分“楽しいおもちゃ”。たとえば、豆腐のパックは赤ちゃんでも簡単につぶせるので、カシャカシャという音や、感触を楽しむことができます。また、少し大きくなったら水に浮かべたり、おままごとの道具にも。

 

軽いので赤ちゃんでも持ちやすく、汚れたら洗ったり捨てたりできるのもいいですね。色やデザインがない分、子どもの想像力の邪魔をせず、自然といろんな遊びを工夫するようになります。

 

使わないおもちゃは隠す

飽きてしまったおもちゃも、子どもは見ると出したくなるもの。あまり遊ばず、散らかすだけになったおもちゃは、箱などに入れて見えない場所にしまっても、さして執着しません。

 

子どもが手に取れるおもちゃを、お気に入りのものだけにしぼり込めば、収納場所に余裕ができ、整理しやすくなります。散らかる量も自然と減り、片付けがラクに!


相手を傷付けない“お断り”術あれこれ

おじいちゃんやおばあちゃんが、おもちゃをたくさん買ってきてしまう……。相手を傷つけず、やんわりと断るにはどうしたらいいのでしょうか?先輩ママたちが実践している、王道テクをご紹介するので、試してみてくださいね。

 

最近、おもちゃより絵本が好きなんです

もらっても困らないもの、ほしいものをリクエストすることで、むしろうれしいプレゼントに!

 

うちは狭いので、遊びに行ったときに使わせてくれませんか?

狭くて置けない!ということを伝えることで、次回以降の抑止にも。

 

ものを大事にする子になってほしいから、プレゼントは年1回だけにしたいんです

“ものを大事にする子”という言葉は、おじいちゃんたちを納得させる必殺技のよう。ルールの宣言は早いほどヨシ♪

 

 

おもちゃはありすぎると、子どももママも困るもの。むやみな“増殖”を防いで、上手に量をコントロールし、子どもが楽しく遊べて心地よい空間づくりを目指しましょうね。(TEXT:大上ミカ)

 


  • 7
  • 1
  • 5
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。