マタニティウェアは必要?最低限買いたいアイテム

2016/04/30 07:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

アンダーウェア、ワンピース、トップス、ボトムス…とマタニティウェアは多種多様。ただ、妊娠中だけしか着られない服となると「なるべく手持ちのもので済ませたい」という気持ちになりますよね。

快適なマタニティライフを送るには、すべて揃えなくてはいけないのでしょうか?今日はマタニティライフに最低限必要なアイテムとその選び方についてご紹介します!

 

妊娠時期にあわせて身体に楽な下着を買おう

最低限必要なのは「身体にとって楽な下着」。つわりの時期になると、以前と同じ下着は少し窮屈に感じます。矯正タイプのようにお腹や胸を圧迫するデザインは避けてください。妊娠初期には妊娠とともに大きくなる胸を支えるブラが大活躍します。お腹をすっぽりおおって冷やさないマタニティショーツも便利です。お腹が大きくなってくる中期には妊婦帯や腹帯も必要でしょう。

 

カップのついたキャミソールタイプの下着も締めつけ感がなくラクチンです。妊娠直前まで仕事をする方にとって下着は必需品。なるべく身体に負担のない下着を選び、快適に生活できるように工夫しましょう。

 

ゆったりとした手持ちの服を上手に活用!

ウエスト周りがゆったりとしたパンツなら、手持ちのものを活用できます。外出のときはチノパンやレギンス・家にいるときはルームウェアがラクチンです。トップスはお腹が隠れる丈であれば安心。ふわりとしたシルエットのチュニックなら出産後も使えますよ。

 

買い足しするのなら、出産後も日常使いができるデザインのおしゃれなワンピースがおすすめ。シンプルなデザインのものを選べば、長くしっかり着回せます。ワンピースの上にカットソーをあわせることで、スカートのようにもなります。組み合わせに気をつけていれば「毎日同じ服」という印象にはならないはず。お気に入りのワンピースで妊娠中も大好きなおしゃれを楽しんでください。

 

ウエスト周りのアジャスト機能付きが便利

せっかくマタニティウェアを買っても想像以上にお腹が大きくなり、途中で苦しくなってしまうことも。妊娠中ずっと快適に過ごすには、サイズ調整可能なタイプがおすすめです。お腹が大きくなってきたら、アジャスターの位置を変えます。締め付けてしまうと苦しいので、ややゆとりを持ったサイズに合わせるとよいでしょう。

 

ボトムス類の中には、お腹周りを折り返しできるものもあります。妊娠後期になったら折り返した部分を巻き上げてお腹をしっかりとホールドすると、お腹周りをサポートできます。安心して着用できるアイテム選びで赤ちゃんの元気な成長を後押ししましょう。

 

マタニティウェアは通販サイトで買うのも良いのですが、ウィークポイントは素材やサイズの確認ができないところ。肌触りが合わないものだとストレスに感じることもあるでしょう。妊娠中の身体は非常にデリケートで、ちょっとの刺激もいつも以上に過敏に感じます。時間に余裕があり、動ける環境でしたら実店舗で素材やサイズを確認した上で自分に合ったものを購入するのがよいでしょう!

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。