「こどもの日」の由来は?鯉のぼりを飾るのはなぜ?

2016/04/30 12:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

5月5日は「こどもの日」。いまでは国民の祝日というイメージが強いですが、本来はどんな由来があったのでしょうか?あなたはどれくらい知ってますか?

 

「こどもの日」の起源とは?

もともとは古代中国の厄払いの風習が伝わったもので、身体の穢れを祓うとされた菖蒲を使って、厄除けを祈願する日だったと言われています。それが日本の五節供のひとつ「端午の節句」になり、江戸時代以降、男の子の健康と出世を願う行事となりました。やがて昭和23年に「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日として国民の祝日になり、男女の区別なくお祝いする日になったのです。

 

鯉のぼりを飾るのはなぜ?

日本では昔から、武家社会では男の子が生まれると、家紋のついた旗や幟をたててお祝いする風習がありました。それが江戸時代に庶民の間でも広まり、吹き流しに鯉の絵を描いて飾るようになったのが鯉のぼりの始まりです。なぜ「鯉」なのかというと、中国の故事「登竜門」に出てくる「鯉の滝登り」が由来になっています。黄河の滝を登ることができた鯉だけが竜になれたことから、「鯉」は立身出世のシンボル的存在として親しまれていました。大空を舞う鯉のぼりには「鯉のように強く立派に成長してほしい」という願いが込められているのですね。

 

五月人形を飾るのはなぜ?

五月人形といえば思い浮かぶのは、勇ましい鎧や兜。こちらも武家社会から生まれた風習で、武士にとって鎧兜は戦で身を守る大切な道具だったため、子供の身代わりに厄を受けるとして鎧や兜を飾るようになり、いつしか五月人形として定着しました。五月人形は、男の子の「お守り」のようなものなのですね。

 

こどもの日の食べ物といえば?

「こどもの日」には、柏餅が欠かせませんよね。柏の木は、新芽が育つまで古い葉が落ちなくて縁起がいいことから、「子孫繁栄」を願って柏餅が食べられるようになりました。餅を笹の葉でくるんだちまきを食べる地域もありますが、これは中国で生まれたものです。中国では病気や厄災から守る行事としてちまきを配る風習があり、それが日本にも伝わり、「端午の節句」に邪気払いの意味を込めて食べられるようになったと言われています。

 

 

 

 

すっかり国民の休日として定着した「こどもの日」ですが、鯉のぼりや柏餅ひとつとっても奥深いルーツがあるのですね。子供に「どうして鯉が空を飛んでいる?」「どうして柏餅を食べるの?」と聞かれたら教えてあげたいですね!(TEXT:妹尾香雪)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。