妊娠中に注意したい家事のポイントとは?

2017/05/19 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
安全対策

 

妊娠中はこれまでのように家事をこなすだけでもひと苦労。洗濯ひとつとっても、自分の体が思うように動かなかったり、おなかの中の赤ちゃんの様子が気になったりとなにかと神経を使ってしまいます。そこで、妊娠中の家事で気を付けておきたい、注意すべきポイントをご紹介します。

 

妊娠すると思うように体が動かない?

妊娠中に気を付けたいことのひとつが転倒です。ふだんの何気ない行動でも、おなかが大きいとバランスを崩しやすいので注意が必要です。妊娠初期はまだおなかのふくらみがほとんどないとはいえ、やはりじゅうぶんに気を付けましょう。ママの体調も、おなかの中の赤ちゃんも、まだまだ安定していないこの時期。転倒によるおなかの赤ちゃんへの影響も大きくなります。

 

そんな妊婦さんがとくに用心したい家事のひとつがお風呂そうじです。水で濡れたタイルで足を滑らせたり、浴槽そうじでお腹に負担がかかる体勢をとってしまうことも。また、お風呂そうじ以外にも、高いところの物を取ろうとイスや台に上がって作業をするときも注意しましょう。バランスを崩しやすいので、やむをえない場合は細心の注意を払っておこない、できればパートナーの助けを借りるようにしましょう。

 

意外に負担になる洗濯!楽にするコツは?

ほとんどの方が日課としておこなっている洗濯。濡れて重くなった洗濯物を運んだり、高いところに手を伸ばして干したり取り込んだり……。妊娠中の体にはかなりの負担になりますよね。この負担を軽減させる、いくつかの対策があります。

 

1つ目は、洗濯物を干す物干しの位置を低くすること。高い場所に物干しがある場合は、S字型フックなどを利用して物干し竿の位置を下げたり、室内の干しやすい高さに突っ張り棒をかけて特設の物干しを作りましょう。少しでも位置が低くなるだけで、無理な体制にならずに洗濯物を干すことができます。

 

もう1つは、洗濯物自体の量を減らすこと。たとえば大きなバスタオルは小さめのフェイスタオルに替え、下着などの小物類はお風呂に入ったついでに洗濯板とせっけんでサッと手洗いする。ちょっとした工夫で負担を軽減することができるので、改善できるところがないか、この機会に見直してみましょう!


無理せず効率よく!そうじは予防がポイント

日々の生活で避けては通れないそうじ。とくに妊娠中は、要領よく、ラクラク済ませたいところ。なかでもそうじしづらいお風呂やトイレなど、水回りの掃除を楽に済ませるにはどうしたらいいでしょうか?ここにはちょっとしたコツがあります。それはズバリ、汚れの発生自体を防ぐこと!お風呂の床は水垢が付きやすいので、シャンプーやせっけんの泡は、その都度きれいに洗い流しましょう。

 

トイレは、汚れがこびりつく前にこまめに洗浄。軽くブラシでこすったり、便器を拭くクセをつけるだけで、大そうじの必要がなくなりますよ。キッチンで気になるのが、シンクの汚れ。排水溝は毎度こすり洗いしなくても、シンク用の洗剤を振り掛けておくだけでOK。このような工夫で、そうじにかかる負担を減らしていきましょう。

 

 

妊娠中だからといって、家事をまったくしないわけにはいきませんよね。パートナーにも協力してもらって負担を減らせたらうれしいですが、そうはいっていられないことも。大きなおなかと体調を考慮して、小さなことから工夫していくことが大切です。なるべく要領よく家事をこなして、無理なくマタニティライフを過ごしてくださいね。(TEXT:田中 リリー)


  • 3
  • 1
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。