産前から産後まで役立つ!ママの必要なものリスト

2016/05/12 09:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

マタニティライフを満喫しているプレママさん!出産に向けての準備、赤ちゃんのものだけじゃなく、自分自身の準備はできていますか?いざという時にバタバタあわててしまわないように、準備しておくと便利なことをご紹介します。

 

診察向けのコーディネートを考えよう!

妊娠中は週齢を重ねるにつれ、体型が変化して、だんだんと洋服選びが難しくなってきますよね。特に妊婦健診などで診察を受ける際は、着心地だけでなく、診察の受けやすさを考慮した服装だとラクチンです。妊娠初期の頃は経膣エコーがありますから、ボトムスは着脱しやすいものを選びましょう。

 

また、診察の邪魔にならないようにトップスはあまり丈が長すぎないもの、もしくは簡単にたくし上げられるものが好ましいです。たとえば、膝丈よりやや短めのチュニックワンピースに、伸縮性のあるレギンスのコーディネートならベスト!お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると、経腹(腹部)エコーの診察が始まります。やわらかくて、たくし上げやすいトップスを選ぶなど、診察台ですぐにお腹が出せるような洋服があると便利ですよ。

 

フラットシューズは産後も大活躍!

好みのファッションや仕事柄で、「持っている靴がヒールのあるものばっかり!」という方もいらっしゃいますよね。そんな方でも、やっぱり妊娠中は転倒防止のために、ヒールのない靴を準備してほしい!「ヒールは履き慣れてるから大丈夫」と思っていても、お腹が大きくなるにつれて足元が見えづらくなり、想像以上にバランスを取りづらくなりますから注意が必要です。

 

また、いずれは歩けるようになった赤ちゃんと、一緒に外出できる日がやって来ます。好奇心旺盛な赤ちゃんはあっちに行ったりこっちに行ったりと、ママは目が離せません。どんな時でも動きやすいように、フラットシューズを用意しておくとママの強い味方になってくれますよ。

 

ママバッグは産前から使える万能アイテム

「ママバッグ」いわゆる「マザーズバッグ」は開け口が広く作られていたり、ポケットがたくさん付いていたりと、とても機能的なものばかり。その名前から、「産後に必要なバッグ」と思われていますが、荷物が多くなりがちな産前のバッグとしても大活躍してくれますよ。

 

妊娠中も、財布や保険証はもちろん、母子手帳、つわり対策のビニールや飴、ペットボトルの水や携帯電話、寒さ対策にちょっとした羽織りものをいれるママも多いはず。これだけでも、かなりの荷物量ですよね。また、病院によっては、出産退院後におむつや粉ミルクなど、お土産が付くところがありますので、入院用のバッグとしてもあらかじめ持っておくと便利です。収納力、機能性が自慢のマザーズバッグは、妊娠がわかったらすぐに購入しても良いかもしれませんね。

 

産後は赤ちゃんのことで手いっぱいで、自分の身の回りのことは後回しになりがち。産前も産後もバタバタせず、より穏やかな気持ちで過ごせるように、今のうちにしっかりと準備をしておきたいですね。ちょっと余裕のある、素敵ママを今から目指しましょう!

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。