長く使えて便利!授乳クッションにもなる抱き枕

2016/05/11 08:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

妊娠すると、ちょっとした動きも億劫ですよね。特に、妊娠後期になると、お腹が気になって動きにくい・・・横になってもお腹が重く感じてなんだか息苦しい・・・そんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?なかなかリラックスできない時は、授乳クッションにもなる抱き枕を使ってみましょう。出産後にも授乳クッションとして使えるので、今から用意するのがおすすめです。

 

妊娠初期:抱き枕でリラックス!

授乳クッションにもなる抱き枕は、出産後はもちろん、妊娠中のママにも人気のグッズです。一般的な抱き枕との違いは、その形。授乳時にも使い勝手の良い、三日月のようなフォルムが特長です。また、両端にボタンなどが付いていてドーナツ型になるものも。実は、この形が妊娠中のママにぴったりなのです。

 

妊娠初期はつわりがひどくて、とにかくだるく、体をゆっくり休めたいですよね。そんな時は、ゆったりと抱き枕に身体をあずけてみましょう。抱き付いているだけでも、心も体もリラックスしてくつろぐことができますよ。また、妊娠時には黄体ホルモンが通常の何倍も分泌されるため、どうしても足がむくみやすい状態に。そんな時には抱き枕をドーナツ型にして、中心に足を通して寝転ぶだけでも、むくみ対策になります。

 

妊娠中期:横になった時の体重を分散!

安定期に入ると、お腹がどんどん成長します。お腹に圧迫されて仰向けでは寝苦しいということも。そんな時こそ、抱き枕が大活躍。横向きに寝て、上になった方の足を曲げて前に出す「シムスの体位」をとってみましょう。妊婦さんにとって、リラックスできるといわれているこのスタイル。抱き枕を使うことで、「シムスの体位」を楽にとることができますよ。

 

妊婦さん向けの抱き枕に多い、三日月型やバナナ型。このゆるやかなカーブが、大きなお腹にやさしくフィットします。また、妊娠中期からは、お腹がせり出してくるため、腰痛に悩まされる方も多いとか。そんな時には腰のくびれに抱き枕をあてて、腰にかかる負担を分散させてあげると良いでしょう。

 

産後:腱鞘炎のリスクを減らしてくれる!

出産後のママを悩ます腱鞘炎。産後、筋肉が衰えているところに、3kg前後の赤ちゃんをずっと抱っこし続ける生活が腱鞘炎をまねいてしまいます。特に初めての出産では、赤ちゃんを抱っこすること自体、まだ慣れていないですよね。落とさないようにと無意識に肩や手首に余計な力が入り、手首に負荷がかかってしまうようです。

 

毎日のおむつ交換や沐浴はもちろん、授乳などの作業も、手首への大きな負担になります。そこで、授乳時には抱き枕を活用しましょう。ドーナツ型にした抱き枕の上で赤ちゃんを抱っこすることで、ママの手首への負担が減り、腱鞘炎を起こすリスクが軽減します。

 

妊娠中や出産後は身体の変化が付きもの。そんなママの負担を和らげてくれるアイテムが抱き枕です。機能性の良さはもちろんのこと、最近では可愛らしいデザインの抱き枕がたくさん販売されています。妊娠中も出産後もリラックスして過ごせる便利なお助けアイテムとして、ぜひ活用にしてみてくださいね。

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 2
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。