共働き夫婦必見!パパを家事と育児に参加させるコツ

2016/05/15 23:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

共働き家庭のママが妊娠した場合、一度は話し合うべきなのが家事や育児の分担について。細かいルールが必要なかった2人だけの生活はまもなく終わり、新しい家族を迎えます。出産後に待ち受ける「子育て」という大仕事を乗り越えていくには、どうやってパパの協力を引き出したら良いのでしょうか?

 

感情論より理論!日常生活を具体化しよう

妊娠すると日に日に大きく成長するお腹とともに、思うように動けなくなってきます。そんな妊婦さんが、仕事と家事を両立させるのは大変ですよね。ですが、出産後の忙しさは、妊娠中の比ではありません。たとえ産休を取ったとしても、それはほんの一時的なこと。子育てに「お休み」はないんです。当然、パパの協力をあおぎたいところですが、「ツラいのをわかってくれない」「結局自分がやるしかない」という気持ちにとらわれているママが多いようです。

 

そんな時に役立つのが、「理論で理解してもらう」という方法。仕事のタスク管理と同じように、家事や育児のやる事リストを提示する方法です。「ツラい、ツラい~」と100回アピールするよりも、ご自身がどれだけのタスクをこなしているのかをタイムスケジュールに沿って書き出してみましょう。仕事に追われ、睡眠時間を削り、ひと休みする時間がほとんどない・・・という状況を理解してもらうのが第一歩です。

 

空気を読んでもらうのは無理?

「仕事を持っているのはお互い様」とは言っても、「子育ては女の仕事」という固定観念は根強いもの。自ら進んで家事や育児に参加してくれる男性は、あまり多くないように思います。やることリストを書き出して「大変さ」を理解してもらうことで、多少の協力は見込めるでしょう。しかし、欲を言えば「言わなくても協力してほしい!」と思ってしまいますよね。

 

そんな時は、「やることリスト」をホワイトボードに書き出して、担当した人のマークをつけてみましょう。感情論より理論を優先することの多い男性の考え方には、視覚的にアピールするのが有効とされています。つまり、営業職の人が張り出された成績表を見て、上を目指す心理をうまく利用するんです。ママのマークで一色になっているホワイトボードに、ご主人のマークが自然と増えていくように誘導していきましょう。

 

相手のやり方を受け入れることが大切!

家事や育児にパパの協力を求める時に大切なのが、「相手のやり方を受け入れる」というポイントです。育ってきた環境が違うのですから、やり方が違うのは当然と言えるでしょう。例えば、バターを冷蔵庫にしまう時に、バターナイフを入れたままの家庭もあれば、バターナイフは取り出して毎回洗うという家庭もあります。また、洗濯物の分類の仕方が違ったり、洗った食器をその場で拭く家庭もあれば、自然乾燥を待つ家庭もあるでしょう。

 

このように、細かなやり方を相手にゆだねるのも大切なポイントです。重要なのは、自分のルールを相手に押し付けないこと。どうしても譲れない場合は、感謝の言葉のあとに「このように~してくれるとうれしい」など、ポジティブな表現でひと言を添えると効果的ですよ!

 

 

子育てには、パパの力が不可欠!感情論より理論が優先する男性に、ママの「大変さ」もわかってもらうには、やることリストを作って視覚的にアピールしていきましょう!ホワイトボードに書き出した「ゴミ出し」や「お迎え」などのタスクが、パパのマークでいっぱいになる・・・そんな日がくることを願っています。

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。