妊娠中のイライラとうまく付き合うコツは?

2016/05/17 23:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

妊娠中はホルモンの関係やつわりなどでイライラしがち。それに加えて妊娠・出産への不安や夫との関係性などで、さらにストレスを感じることも。そんなイライラや不安が大きな問題となる前に、うまく気持ちをコントロールしてみませんか?今回は、妊娠中のストレスとの上手な付き合い方をご紹介します。

 

妊婦さんが感じるストレスの原因は?

妊娠前にはなんともなかった些細なことなのに、なぜかイライラしてしまう・・・そんなことはありませんか?妊娠をすると、妊娠状態をキープしようとホルモンに変化が表れ、その影響を受けて情緒不安定になりやすいといわれています。そのため、ちょっとしたことにもイライラしたり、不安になったりと、ストレスを感じやすくなるようです。

 

例えば、お腹が大きくなって外出が億劫になり、家に閉じこもる時間が多くなると、世間から取り残されたような気分で孤立感に悩まされることがあります。また、ご主人や実親・義父母の何気ないひと言に傷付いてしまうことも。妊婦さんなら誰しも経験していることなので、あまり思い悩みすぎないようにしてくださいね。

 

ストレスを発散する方法は?

ストレスをまったく感じずに生活することは、妊婦さんでなくても難しいものですよね。ならば、生じたストレスを発散してみませんか?一番簡単にできるのは、何かに没頭すること。家にいる時間が前よりも増えたのなら、お菓子作りやお裁縫など自分が好きなことはもちろん、資格試験の勉強なども良いでしょう。

 

また、体調が良い時は散歩に出かけるなど、運動は気分転換と同時に体重管理にもつながるのでおすすめです。マタニティヨガやマタニティビクスなど、妊婦さん向けのプログラムに参加してみるのも良いですね。母親学級に参加するのも、出産・育児のことを学びながら、ママ友と悩みを共有することができるので心が楽になって良いかもしれません。

 

周囲の人に思い切って甘えることも大切

妊娠中のつわりがひどくて家事ができない、という悩みを抱えている方もいるかと思います。そんな時は自己嫌悪に陥らずに、割り切ってしまうことも1つの方法です。家事ができないからといって何もしていないわけではありません。ママはお腹の中の命を育てていくという大切な仕事をしているのですから。

 

また、ご主人の何気ないひと言や家事に協力してくれないことなどがイライラの原因になっていませんか?そんな時は「今はこんな体調だから、こんな気持ちになってしまう」「~と言われると傷付く」など、きちんと話し合って気持ちを伝えましょう。ご自身の問題は家族の問題でもあります。思い切って自分の気持ちを打ち明けることでお互いの距離も一歩近付き、ご自身のストレス解消にもつながっていくはずです。

 

 

妊娠中は体と心の変化が大きい時期です。肩の力をゆっくりと抜いて自分の気持ちや周囲の人と向き合ってみてくださいね。あとになって妊婦だったころを振り返ると、長いようで短い時間に感じるかもしれません。赤ちゃんがお腹にいる幸せを実感しながら、おだやかな日々を過ごせると良いですね。

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。