幸せな出産への第一歩!産院選びのポイントは?

2016/05/27 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

オメデタがわかってうれしい気持ちと同時に、ママを悩ませるのが産院選び。赤ちゃんの可愛い笑顔に会える日までお世話になるので、後悔をしないようにじっくりと考えたいですよね。今回は知っておきたい産院選びのポイントをご紹介します!

 

産院選びのポイントは?

妊娠がわかったらどこの産院で出産するのか決めなくてはなりません。健診から出産、その後の入院生活まで「こんなはずじゃなかった」とならないためにもじっくりと選ぶことが大切です。産院には総合病院・産婦人科病院・大学病院・個人産院(クリニック)・助産院などそれぞれに特徴があります。目的や希望により、ご自身に合ったものを選びましょう。

 

通常、健診には出産までに10回以上も足を運ばなければなりません。陣痛から出産までの状況を考えても、まずは利便性をおさえておきたいところ。その上でインターネットでの情報や口コミを参考に、実際に見学に行くことをおすすめします。スタッフの対応や病院内の雰囲気、掲示板等で案内されている講習への取り組みなどにも注目してください。そういったことを肌で感じた上で決定するのがポイントになりますよ。

 

母子同室それとも母子別室?

利便性・雰囲気の次に産婦人科を選ぶ際の大きなポイントになるのは各病院の制度。出産後の形態として「母子同室」と「母子別室」があります。出産して少し時間がたったら、以降はママの部屋に赤ちゃんが一緒にいられる母子同室。赤ちゃんと常に一緒にいられるというメリットの一方で出産直後の疲れ切った状態でもお世話に追われ、睡眠不足が解消できないというデメリットも。

 

一方、母子別室とは基本的に授乳時間以外はママの病室と新生児室とに分かれて生活をします。ゆっくり体を休められるというメリットはありますが、赤ちゃんと離れての生活となり、病院のスケジュールに従って行動するというデメリットがあります。母子同室か母子別室かは事前に確認することが可能です。産院を選ぶ時のポイントの1つとして、ご自身にどちらが合っているかイメージしておきましょう。

 

理想の出産スタイルを叶えてくれる?

ソフロロジー式、フリースタイル分娩、水中出産、無痛分娩、立会出産、LDR・・・。現代には様々な出産方法があります。ママの心の中には「こんな出産がしたい」「パパにはこうしてほしい」など、出産にむけての希望や理想がある方もいらっしゃると思います。そんな思いを叶えるために、産院がどのような出産方法を採用しているのかを調べることが必要です。

 

自分が安心して臨める出産方法、立ち会いの有無などは早めに決めておきたいところ。パパやご家族とも相談して、どのスタイルでの出産を望むのか、費用はどのくらいかかるのかなどを調べて産院選びをしましょう。もしご希望の出産方法をメインに産院を選ぶ際には家からの距離も忘れずに考慮してくださいね。

 

 

産院選びは幸せな出産への第一歩です。「こんなはずじゃなかった」「もっとこうしたかった」など、後悔の残る出産になったら残念ですよね。そうならないためにも事前に十分情報収集をしておきましょう。ママ自身もご家族も納得できる産院に出会えると良いですね。

 

(TEXT:佐藤 真由美)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。