ちゃんとわかってる?ベビー肌着に関する基礎知識

2016/05/27 17:30
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

妊娠中のママ、赤ちゃんの「肌着」は準備していますか?「可愛いベビー服は揃えたけど、肌着についての知識はよくわからない」なんてママも多いのではないでしょうか?

今回は、赤ちゃんの肌着の種類について、また肌着を購入したら早い段階で行っておきたい「水通し」の方法についてもご紹介します。

 

新生児用の肌着にはどんな種類がある?

新生児用の肌着には、主に「短肌着(たんはだぎ)」「長肌着(ながはだぎ)」「コンビ肌着」があります。まず「短肌着」は赤ちゃん肌着の基本アイテムです。着丈は腰くらい。短肌着は通年使えるアイテムなので複数枚用意しておくと便利です。赤ちゃんは汗っかきなので汗を吸い取る効果が高いものを選ぶと良いでしょう。「長肌着」は赤ちゃんの足の長さまである肌着。短肌着の上に着せて使用します。

 

「コンビ肌着」も基本的には短肌着の上に着せて使う肌着ですが、コンビ肌着だけを着せて使うこともできます。足の動きが激しくなってきたら股の部分をスナップボタンでとめることができます。肌着は紐でとめるタイプやマジックテープでとめるタイプ、素材もガーゼやパイルなどあらゆる種類があるので、季節や使い心地に応じて選びましょう。

 

足を動かすようになったらこの肌着!

生後約3カ月くらいになると赤ちゃんは足をジタバタさせるようになります。そんな時期になったらボディースーツやロンパースを着せることができます。可愛いデザインのものが多いので「今日は何を着せよう?」「どんなデザインのものを買おう?」とママも赤ちゃんのアイテムを選ぶのが楽しくなりますよ!夏場ならこれ1枚で過ごすことができます。また、新生児の頃に着ていた短肌着とツーウェイオールを着せてもgood!寒い時期ならこれにカーディガンやソックスなど防寒できる衣類をプラスすると良いですよ。

 

赤ちゃんの衣類は水通しを!

赤ちゃんの肌着を購入したら「水通し」をしましょう。新品の肌着の表面には糊がついていることや生地が硬いことがあります。敏感な赤ちゃんの肌にそのまま着せるのはちょっぴり心配ですよね。糊をしっかり落として生地をやわらかくすることで吸水性がアップします。赤ちゃんの汗をしっかり吸い取るためにも必要な準備なのです。

 

水通しのやり方は、まず洗面器に水を張り、水だけもしくは赤ちゃん用の洗剤を入れて肌着を洗います。洗剤残りに注意してすすぎ、水気をしっかりと絞ったら、晴れた日に肌着を干しましょう。産後すぐに使えるように妊娠中に水通しをしておくと便利ですよ。

 

 

赤ちゃんは汗っかきな上に、皮膚や免疫力が弱いので、常に清潔な肌着を着せてあげてくださいね。肌着といえども最近のベビー用肌着はとってもキュート。ママの好みのデザインをチョイスして、赤ちゃんと一緒に今だけのファッションを楽しんでくださいね。子育てがもっと楽しくなりますよ!

 

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 5
  • 1

既にクリックしています。

  • 勉強になりました。

    2016/05/28 17:39

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。