お産の影響が残るのはいつごろまで?回復するには?

2016/05/26 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

骨盤底筋は骨盤の下にある筋肉で子宮や膀胱など下腹部の臓器を支える役割を果たしています。お産後はこの骨盤底筋も疲労しています。骨盤底筋の回復が遅れると歩行困難や尿漏れなどにつながる恐れが・・・。産後、骨盤底筋を回復させるにはどのようなことが必要なのでしょうか?

 

Q.産後、骨盤底筋の痛みが続きます。

産後1年たちます。難産だったためか、骨盤底筋を痛めてしまったようで、歩行が困難になることがあります。診察では「よくある産後の不調」と言われましたが、産後1年たつのに、まだ全快していません。 出産直後に比べれば、随分良くなってきてはいますが、月経が再開して調子が崩れるようになりました。これらはすべて、骨盤底筋の不調が原因なのでしょうか?痛くても、骨盤付近の筋力を鍛える運動をした方が良いのでしょうか?運動はせず、自然治癒に任せた方が良いのでしょうか?

 

A.出産後に産褥体操をすることで症状は改善します。

妊娠中は、ホルモンの影響によって骨盤の関節がゆるみますし、どんなに妊娠の経過が良好でも腹壁や骨盤底筋群は消耗します。そのため、筋肉の痛みなどの症状が生じやすくなります。

 

しかし、出産後に産褥体操をおこなうことで、産後2~3カ月で症状は改善します。さらに、月経が再開すると、より改善が進むことが多いです。 日常生活では、長時間の立位を避ける、体重増加に気を付ける、骨盤支持ベルトを使用する、運動療法で関節を動かすといったことが、筋肉の回復に有効であることが多いです。しかし、産後1年たってもまだ歩行が困難になるほどの痛みが続いているようなら、一度整形外科を受診して相談された方が良いでしょう。(回答/天神尚子先生)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

今すぐ使えるQ&Aが見たい人はこちらへ

先生に聞いてみよう!Q&Aの投稿はこちらへ

 

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。