失敗しないベビーカーの選び方のポイントは?

2016/05/23 17:30
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

赤ちゃんとの外出で欠かせないのがベビーカー。いろいろなタイプがあるのでどれを選んだら良いのか迷ってしまいますよね。これからの季節、ベビーカーの中は高温になりやすいので、暑さ対策も重要になります。どうしたら満足のいくベビーカーが選べるのか、選び方のポイントをご紹介します。

 

ベビーカーにも種類があるの知ってる?

赤ちゃんとのお出かけに備えて用意したいベビーカー。いざベビーカーを購入しようとショップに行ってみると、いろいろな形のベビーカーがいっぱい!何が良いのか、どう違うのか迷ってしまいますよね。まず押さえておきたいポイントはベビーカーのタイプ。月齢に合わせてA型とB型にわかれています。

 

A型のベビーカーは、リクライニングで座面と背面がほぼ水平なベッド型になります。そのため、ねんね期の1カ月から長く使えます。また首・腰が座る生後7カ月くらいから使用できるのがB型のベビーカー。リクライニングに制限はあるものの、軽量でコンパクト。A型にくらべて価格も控えめです。ベビーカーを選ぶ際にはどんなことを優先したいのか、まずは整理してみましょう。

 

ママのライフスタイルも考慮しよう!

ベビーカーのA型・B型についてわかったところで、次に何を基準に選んだら良いのでしょうか?大切なのはベビーカーをよく使うママのライフスタイル。

 

電車やバスを利用することが多いママなら、片手で手早くたためて軽くてコンパクトなベビーカーがおすすめです。また、近所へのお買い物やお散歩に行くのに利用するなら、小回りが利いて安定性があり、段差なども気にならないタイヤの大きいものが良いでしょう。お買い物の荷物や外遊びグッズを入れられる、大きな収納スペースがあればさらに便利です。車に乗せることが多いのならば、軽くてコンパクトなタイプがおすすめです。不便を感じて買い直しなんてことにならないよう、どんなシーンで使うことが多いかをイメージしましょう。

 

もちろん赤ちゃんの乗り心地も忘れずに!

次に考えたいのが、実際にベビーカーに乗る赤ちゃんの快適さ。「乗り心地が気に入らなくて、購入してもほとんど使えなかった」なんてこともあるかもしれません。では、赤ちゃんのために、どんな点に注意してベビーカーを選べば良いのでしょうか?

 

一般的にベビーカーは座面が低いため、道路の反射熱を受けて熱気がこもりがち。汗をかきやすい赤ちゃんのためにも、ベビーカーに通気性の良い素材を使っているかどうかは重要です。そのうえで、さまざまな特徴をプラスして比較してみましょう。

 

リクライニング機能は、赤ちゃんが眠ってしまってもリラックスした姿勢がとれるので便利。また、タイヤが大きめで安定性のあるものなら、ガタガタしている路面やデコボコ道でも赤ちゃんの不快感が和らぎます。座面の高いベビーカーは、反射熱も防げて見晴らしが良いので赤ちゃんもご機嫌になってくれるはず。日差し除けには大きめの「ほろ」を選ぶと良いですよ。赤ちゃんにとってどんな快適さが必要なのか、優先順位をつけてベビーカーを選ぶと良いですよ。

 

 

ベビーカー選びのコツは、ママのライフスタイルに合ったタイプのベビーカーを、赤ちゃんの乗り心地を考えて選ぶことです。これだけは譲れない!というこだわりがあれば、選択肢がしぼられて選びやすくなるでしょう。優先順位を整理してイメージ通りの一台に出会えれば、赤ちゃんとの外出がぐんと楽しくなりますよ!

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。