貴重なマタニティライフを有意義に過ごすコツ!

2016/07/06 08:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

妊娠をきっかけに仕事を休んだり、育児環境を考えて引っ越ししたりと、今までとガラッと生活が一変する方も少なくありません。

 

パパがお仕事をしている間「何しよう?」と考えているママも多いのではないでしょうか?今回は、妊婦さんが心身とも健やかに過ごせる、おすすめの時間の使い方をご紹介します!

 

マタニティダイアリーをつけてみよう!

赤ちゃんが生まれるまでの十月十日(とつきとおか)。貴重なマタニティ期間の記録を残してみませんか?巷にはいろいろなタイプのマタニティダイアリーがあふれています。

 

中でもおすすめなのが日記形式で書けるスペースに加えて、体重の増加や写真などを記録できるもの。赤ちゃんの成長の様子とともにママとしての気持ちの変化などを記しておくことができてとてもいい思い出になりますよ!

 

スケジュール帳のように、健診日を書き込んだり自分の体調をメモしたりできるものであれば、妊娠中に大変だったことやうれしかったことを振り返ることができます。超音波写真を貼っておけば、赤ちゃんの成長記録にも!パパのコメントやおじいちゃん、おばあちゃんの言葉も記念になるので、書き込んでもらうのもおすすめです。

 

出産に向けてウォーキングで体力作り!

出産や赤ちゃんのお世話は体力勝負!お医者さんに相談しつつ、妊娠初期から体力作りをしておきたいものです。

 

おすすめはウォーキング。毎日30分程度を目安に継続しておこなってみましょう。持ち物は重いものは持たずに、歩き慣れた道を水分補給をしながらゆっくりと歩きます。

 

周りの景色を楽しみながらリラックスしてウォーキングすることが大切です。「お天気のいい日にちょっとお出かけ!」そんな軽い気持ちでスタートしてみましょう。心地いい疲労感で夜もぐっすりと眠ることができますよ!

 

妊娠中はお肌が敏感になる方もいるので日焼け止めを忘れずに。できれば帽子もかぶって、紫外線対策をしっかりしておきましょう。


楽しくマタニティグッズ選び!

最低限用意しておきたいマタニティグッズは何でしょうか?ここではギュッと絞っておすすめ3点をご紹介します。時間のある時にご自身に合ったものをリサーチしてみましょう。

 

まずは、胸の張りが出てきて下着の締め付けが気になり始めたら必要になるマタニティ用の下着。大きくなるバストとお腹を支えるだけでなく、体の変化を妨げずに体と赤ちゃんを守ってくれます。締め付けの少ないものを選ぶといいですよ。


また、赤ちゃんがお腹にいる時から、小学校に入学するまでの長い期間使用する母子手帳。スレや汚れを防ぐためにも専用のケースがあるといいですね。長く使うものなので愛着がわくように好みのデザインを見つけてくださいね。

 

最後に、日に日に大きくなるお腹にあったマタニティウェアとフラットシューズも必要です。着ていて楽しくなるようなものであれば、赤ちゃんにもママのハッピーな気持ちが伝わるでしょう。靴は転倒のリスクが少ないもので、妊娠初期から後期まで履けるよう、脱いだり履いたりしやすいものがベストです。

 

お医者さんと相談してマタニティヨガやウォーキングに励むなど、体力作りはしておきたいところ。また、この時期を有効活用してベビーグッズ作りや離乳食レシピについて勉強するのもいいですね。何より大切なのはママのカラダとココロ。リラックスして楽しいマタニティライフを送ってくださいね。(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。