電車やバスでの赤ちゃんのぐずぐず対策法

2016/05/18 10:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

こんにちは。日本コミュニケーション育児協会の珠里です。“赤ちゃんとのお出かけで気がかりなことランキング”があったら 1 位になるであろう「電車やバスでのぐずり」。今回は電車やバスでのグズグズ対策についてお伝えいたしますね。

 

赤ちゃんとのお出かけで気をつけること

赤ちゃんとのお出かけを快適に楽しむためにも気をつけた方がいいことがあります。 混雑時は人の多さにびっくりし、ご機嫌ナナメになってしまいがちですので、できるだけ避けた方がいいでしょう。また、暑すぎたり寒すぎたりは、グズグズの原因になりますので、 脱ぎ着がしやすいお洋服でこまめに調節してあげるようにしましょう。ベビーちゃんがグズるのには、何かしらの理由があります。それを取り除いてあげるためにも赤ちゃんの 様子はよく観察してくださいね。

 

グズグズしちゃったらどうする?

グズグズ対策として、お気に入りのおもちゃやぬいぐるみ、絵本を忘れずにお持ちくださいね。それらのグッズは、はじめからいっぺんに出すのではなく小出しにし、赤ちゃんの気をちょこちょこと散らすことができおすすめです。それでも泣いてしまいどうしようもなくなった時には一旦電車やバスから降り気分転換をはかるといいでしょう。とても勇気がいることだとは思いますが、乗り続けて親子でイヤな思いをし続けるよりも、よっぽど心地よいと思います。赤ちゃんとお出かけする際は、このようなことも想定しスケジュールを立てるようにしてくださいね。

 

その場に慣れることも大事

また赤ちゃんが泣いてしまうからといって、電車やバスに全く乗せない方もいらっしゃいますが、私個人の意見としては、あまりおすすめはしません。何事もそうなのですが 経験することで自然と学べることがあります。電車やバスに乗るときの「騒がない」「動き回らない」などルールもそうだと思うのです。乗りつづけるからこそ、その場の雰囲気にもなれ、自然にルールも覚えていけるのだと思います。

 

 

赤ちゃんとのお出かけは時間も気持ちも余裕をもってしましょう!ぜひ気負うことなく電車やバスを利用してくださいね。


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。