安心&簡単!ウォーターサーバーでミルク作り

2016/05/21 09:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

赤ちゃんのミルクを作るお水、どうしていますか?最近、ウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクを作る家庭が増えています。ウォーターサーバーでミルクを作るメリットを見てみましょう!

 

赤ちゃんのミルク作りに適した水とは?

大人にとってはうれしいミネラル成分も、胃や腸の働きが未発達な赤ちゃんには負担になってしまうといわれています。特に、外国産のミネラルウォーターには、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が豊富に含まれています。ミネラルの過剰摂取につながってしまうので、ミルク作りでの使用には避けたほうが良いでしょう。赤ちゃんに必要なミネラルの量は粉ミルクに配合されています。ミルクを作る水にまでミネラル分が含まれていると、赤ちゃんの胃や腸に大きな負担を与えてしまう可能性もあるんです。

 

それでは、ミルク作りに適した水とはどのようなものなのでしょうか?市販のお水なら、ミネラルがあまり含まれていない軟水が良いでしょう。国産の天然水やピュアウォーターなどが理想です。また、一度沸騰させた湯冷ましも長時間放置すると雑菌が増殖するので、できるだけ早く使用しましょう。

 

サーバーの水でミルク作り!メリットは?

水道水には細菌が含まれているといわれています。そのため、抵抗力のない赤ちゃんにとっては有害になる可能性も。一方、ウォーターサーバーはろ過などで細菌や不純物を取り除いているのでそのまま使用できます。

 

調乳をおこなう際には、粉ミルク自体の雑菌を死滅させるために、70度以上のお湯を使うことが推奨されています。とはいえ、沸騰した熱湯で調乳すると、ミルクのビタミンを破壊してまうことも。ウォーターサーバーのお湯は80~90度くらいで出てくるので、調乳用のお湯としては最適な温度。ただ、気を付けなければならないのはサーバー自体の汚れです。掃除をおこたると配管やコックの穴の中に細菌が発生してしまい、サーバーから出る水に細菌が含まれてしまうのでこまめに掃除するようにしましょう。

 

ウォーターサーバーでママの負担減!

お湯を沸かして粉ミルクを溶かし、冷水で冷ますというのが従来の調乳方法です。でも、1日に5回6回とミルクを作らなければならない時期は、手間がかかって大変ですよね。調乳するのに時間がかかってしまううえに、その間に赤ちゃんが泣いてしまった時はあやすのもひと苦労。そんな時にすばやくミルク作りができたら、ママにとっても赤ちゃんにとってもストレスなく過ごせそうですよね。

 

ウォーターサーバーは、ミルクに最適な温度のお湯がすぐに出てくるのでとっても便利!調乳時間を大幅に短縮できますよ。安心安全なお水であることもママにはうれしい限りです。ウォーターサーバーは、ママの負担を減らしてくれる大助かりなアイテムなんです!

 

 

調乳の手間や水道水への不安、ミネラルウォーターを選ぶ基準などで毎日もやもや・・・。そんな時は安心安全なウォーターサーバーのお水を使ったミルク作りがおすすめです!サーバーのお手入れは必要ですが、安心と健康には代えられません。ミルク作りに負担を感じたら、1度試してみてください!

(TEXT:佐藤 真由美)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。