健診に備えて!授乳ノートをつけよう

2016/05/22 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

1日に何度もおこなう授乳やミルク。その際には時間帯や回数などを記録しておきましょう。そうすることで、赤ちゃんの食事のタイミングや健康状態を把握することができますよ。日記のように毎日ノートに記録するのも1つの方法。また、簡単に記録できるスマホのアプリもあるんです。

 

赤ちゃんの生活リズムを把握!授乳ノート

授乳の記録をおすすめする理由はいくつかあります。例えば、ミルクや授乳をした間隔や時間を覚えておくことで赤ちゃんの生活リズムがわかってきます。「そろそろお腹がすくころだから機嫌が悪くなるかな?」など、赤ちゃんの状態も把握できるようになるので、育児がグンとしやすくなります。

 

また、ノートを見ていると「もしかして母乳の出が少ないから、すぐにお腹がすいてしまうのでは・・・」など、授乳間隔が短くなってきた原因が見つかることも。赤ちゃんがおっぱいやミルクを吸う力と体力がついてきて、1回の授乳で飲む量も増え、授乳の間隔があくなど、ノートに記録していると赤ちゃんの成長やさまざまな変化を感じることができますよ。ただ記録するだけのノートではなく、育児の思い出ノートとして、わが子の成長記録を残しておけるんです。

 

あとで見て役に立つノートの内容とは?

育児をサポートしてくれる授乳ノートには、具体的には何を書いたら良いのでしょうか?赤ちゃんの月齢、母乳やミルクを飲んだ時間、飲んだ量や搾乳量などに加えて、おしっこやうんちの時間帯、ママが気付いたことなど、記録できることは多岐にわたります。でも、授乳ノートは記録を続けることで赤ちゃんの成長や変化を把握していくことができるので、「ママの負担にならない程度に記録していく」ということが大切ですよ。

 

また、授乳期には1時間、2時間ごとの軸を作っておくと記入しやすく、あとで見たときにもわかりやすいでしょう。離乳食が始まったら、食事の時間やその内容の記録もとっておくことと良いかもしれません。

 

産院でも記録をつけるように指導していることが多い授乳ノート。赤ちゃんが病院にかかる時も、ノートを見て医師に生活リズムや食事内容などを伝えることができるので、とっても役に立ちますよ。

 

アプリで簡単!便利な授乳記録ツール

ここ最近では、授乳ノートならぬ授乳アプリを利用している方が増えているようです。手軽で毎日続けやすく、便利な機能も付いているとか。なかでも、タイマー機能が付いているアプリは授乳時間を通知してくれるので、お出かけ先で授乳をうっかり忘れる、なんてことがなくて便利ですよ。

 

ほかにも、授乳回数や量など、1日の記録を見やすいようにまとめて表示してくれる機能、カレンダーで過去の記録をチェックできる機能などがあります。外とのつながりが減って不安になってしまうことも多い育児期間。ママ友と情報交換や相談ができるアプリもあるので、コミュニケーションツールとして活用するのもおすすめです。

 

 

授乳ノートに記録していくことで、少しずつ赤ちゃんのことがわかってきます。健診でも役に立つ授乳ノート。ご紹介したように、簡単に記録をつけられる便利なアプリもあります。ノートでもアプリでも、ご自身に合ったやりやすい方法で授乳ノートをつけてみましょう。

(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。