5月23日はキスの日。赤ちゃんにキスすると虫歯になる?

2016/05/23 12:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

今日はキスの日。70年前の1946年5月23日に公開された映画で、日本で初めてのキスシーンがあったことが由来だそうです。当時は大変話題になり映画館は毎日満員御礼だったそう。ところで赤ちゃんとキスしてますか?もし、口と口でチュッチュッとしているなら注意が必要かもしれません。

 

キスで虫歯がうつるって本当?

嘘のようですが本当です!虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口内にはありません。赤ちゃんの周りにいる大人で、虫歯になったことがある人からの唾液を通じて感染し、そのまま棲みついてしまうものなのです。キスでもうつってしまう可能性があります。

 

キス以外に気をつけることは?

唾液で感染するものなので、口移しで食べ物をあげたり、大人が使ったスプーンで食べ物を食べさせたりすることでも感染してしまいます。おばあちゃん世代の人だと、固い食べ物は大人が口の中でやわらかく細かくして赤ちゃんにあげる、なんていうことをする人もいるかもしれません。

 


 

 

 

パパやママの口の中も健康に

もちろんパパやママでも口移しなどをしないほうがいいですが、唾液ですのでいつ写ってしまうかわかりません。そのためにも赤ちゃんの周りの大人は、口内のミュータンス菌を減らしておくことが大切です。赤ちゃんの虫歯予防の第一歩は、パパとママの虫歯予防なんですね。

 

特に気をつける時期は?

生まれたばかりの赤ちゃんには歯はまだ生えていません。歯が生え始める1〜3歳ごろがいちばん感染しやすい時期ですので気をつけましょう。離乳食が終わって大人と同じような食事ができるようになる時期なので、スプーンや箸などは赤ちゃん専用のもので食べさせてあげてくださいね。

 

 

 

おばあちゃんやパパには「初めて知った!」ということかもしれません。いきなり「同じスプーンで食べさせないで‼︎」ということにならないように、このページをクリップして見せてあげるのもいいですね。(TEXT:サトウヨシコ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。