陣痛がこわい・・・痛みをやわらげる方法って?

2016/05/26 08:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

 

赤ちゃんの生まれる準備ができると始まる陣痛。子宮の収縮によって痛みが生じます。不規則な間隔から次第に規則的な痛みに。痛みの具合もだんだんと強くなってきます。分娩時の痛みは軽い人から意識を失うレベルと個人差があります。少しでも痛みをやわらげたい…そんな思いに応える対処法はあるのでしょうか?

 

極力リラックスを心がけよう!

経験したことがないほどの陣痛の痛み・・・こわくて不安ですよね。でも、その痛みはお腹の中の赤ちゃんが頑張っている証拠!スムーズに赤ちゃんが下りてくるためにも大切なのはママがリラックスすることです。とはいっても痛みに苦しむ中でリラックスすることなんてできるのでしょうか?

 

まずは、出産に備えて事前に呼吸法を身につけておきましょう。陣痛をやわらげるラマーズ法やソフロロジー法などでしっかりと呼吸を整えます。

また、痛みを感じやすい腰やお腹周りを、カイロや湯たんぽで温めたり、足湯で全身をじんわり温めたりするのもリラックス効果につながるようです。好きな音楽を聴く、テレビを見る、アロマテラピーを試してみるのも良いですね。

 

産院は室温を高めに設定していることが多いので、汗をかいている時には冷タオルで顔を拭き、保冷剤などで頭を冷やすことでリラックスできる方もいます。

 

どれが楽な姿勢?いろいろ試してみよう

自分にとって楽な姿勢をとることもリラックスをする1つの方法です。人によってどんな姿勢が楽かは異なります。また、痛む場所が少しずつ変わってきて、同じ姿勢をとり続けることも負担がかかるので、その時々でいくつか姿勢を変えてみましょう。

 

抱き枕や厚めの布団を足で挟み、横向きの体勢で寝ると体圧を分散できます。ベッドや畳の上なら四つん這いの姿勢も腰への負担が軽減されますね。足を開いてイスやバランスボールに座り、胸から上をうつ伏せになるようにベッドやテーブルにベタッと付けたり、背もたれを抱くような体勢をとったりと楽な姿勢は人それぞれ。畳やベッドの上であぐらをかく、足を広げて立て膝をつくのも効果的です。ベッドから起き上がるのがつらい方は、頭の方の高さを少し上げてみてもいいかもしれません。

 

痛みを和らげる部位はココ!

陣痛をやわらげる方法で即効性があるのがテニスボールなどで肛門のあたりを強く押すこと。グッとかなり強めに押してもらった方が痛みがやわらぐようです。ほかにも腰回りをマッサージしたり、腰骨を左右から押してもらったりすると効き目があった!なんて方も。また、三陰交という足の内側のくるぶしから指4本分上にあるツボ。ここを押してマッサージするのも効果的ですよ。

 

痛み自体がなくなるわけではないですが、いずれの方法も痛みを分散させたり和らげることができるので出産に備えて覚えておいてくださいね。さらに、ゆっくりと息を吐くことも意識してください。

 

 

陣痛には波があります。比較的痛みが落ち着いている時には、水分補給をして食べたいものを食べるのも良いですね。陣痛が来た!運命のその時を落ち着いて迎えられるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。