離乳食作りが楽になる!便利グッズ&時短テクニック

2016/07/29 20:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

月齢によって作り方も変わってくる離乳食。大人用の食事とは別になるので、手間もかかります。いろいろな食品を試してみたり、調理法を工夫してみたり、一時のこととはいえ、大変な労力です。

 

そんな離乳食作りが、少しでも楽に便利にできたら助かりますよね。離乳食をより簡単に手作りできる方法をご紹介します。

 

多めに作って、小分けに冷凍!

多くのママが実践しているのが、まとめて作って小分けに冷凍する方法。おかゆやいろいろな野菜、魚、肉などを茹でるかチンして潰したら、製氷器に入れて冷凍庫へ。固まったらそれぞれ小分けの袋に入れて分別し、使いたいときに使いたいだけチンすればOK!

 

野菜は種類ごとに加熱するのが面倒なときは、全部一緒に茹でて、ミックス野菜としてペーストにしてから、冷凍しても便利です。大人用のごはんを炊くときに、真ん中に深めの耐熱カップにおかゆ用のお米と水を入れて一緒に炊くのも便利です。

 

また、おかゆだけを炊飯器で多めに炊くときに、ブロッコリーやサツマイモも一緒に入れれば、野菜入りおかゆが一丁あがり!これを小分けに冷凍すれば楽ですね。食パンは細く切って冷凍し、必要な分だけ折って、スープや粉ミルクと煮れば立派な離乳食になりますよ。

 

便利な電子レンジをうまく活用しよう!

離乳食作りで意外に難しいのが、少量のものを鍋に入れて火を通すとき。火加減をしっかり調節しないと、焦げてしまうことが多々あります。

 

そんなときは、電子レンジがとっても便利!少量でもそれなりの量でも、ガスより短時間で下ごしらえなどを進められます。野菜を茹でると、栄養素まで流れ出てもったいない・・・。それなら、ラップにくるんでチンすれば栄養素もキープできます。おかゆだって電子レンジでできちゃいます!

 

そのほか、お肉やお魚を電子レンジで加熱すれば、お湯を沸かしたり、鍋を洗ったりする手間もカット。また、小分けにした冷凍野菜やおかず、おかゆなども電子レンジひとつであっという間に立派な離乳食に!

 

耐熱容器にかつお節と水を入れて電子レンジにかけて茶こしでこせば、出汁も簡単にとれますよ。干ししいたけを入れてもおいしい出汁になります。


 

あると便利!頼れる道具たち

野菜やおかゆなど、小分けに保存するときにとても便利なのが製氷器。100円ショップにも売っています。また、小ぶりのタッパーで蓋にパッキンが付いたものも、密閉力が高く漏れにくいので汁物でも大丈夫!そのまま携帯して外出できちゃいます。

 

またブレンダーやミキサーは、離乳食作りに欠かせません。下ごしらえした食品をブレンダーやミキサーにかければ、あっという間にペーストの完成!離乳食が終わったあとも、普段のみじん切りやスープ、お菓子作りなどに利用できるのでおすすめです。

 

ほかにも、100円ショップの小さなおにぎり型にごはんを入れてシャカシャカ振れば、あっという間に赤ちゃんサイズのおにぎりが完成しますよ。キッチンばさみやお出かけ用にも使えるフードカッターも重宝します!

 

離乳食作りは毎日大変!そう思っていませんか?電子レンジや便利な道具を活用すれば時短につながりますよ。市販のお米や野菜のフレーク、ベビーフードも利用しながら、気楽に楽しく離乳食を作りましょう!(TEXT:田中 リリー)


  • 7
  • 3
  • 1
  • 9

既にクリックしています。

  • ほうれん草をゆでて少し束にしたのを冷凍したのをおろし器でおろすと刻むより細かくなり離乳食にはいいですよ~

    2016/12/09 10:21

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。