【ママのリアル節約術】工夫次第で1万円!今日からできる電気節約術

2016/06/03 19:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

子どもが生まれると増えていく電気代。エアコンを我慢するわけにもいかないし、電気代が増えても仕方がないと思っている方も多いと思います。

 

でも諦めないで!工夫次第で年間1万円以上の電気代節約も可能なんです。そこで今日からできる節約術をご紹介します!

 

電力消費量大のエアコン代をどうする?

 

電気代を占める割合で、電力消費トップは「エアコン」です。節電のために、まず心がけたいのが「設定温度」。夏は28℃、冬は20℃を目安に設定しましょう。冷房だと1℃温度を上げると約10%、暖房は2℃下げると約10%の電気代を節約できます。

 

次に注目したいのが「フィルター掃除」です。ホコリをこまめに取るだけでエアコンが動きやすくなり、年間1,000円近くの節約も可能!掃除の頻度は2週間に1度が理想ですよ。

 

たびたび開閉する冷蔵庫の節電対策

 

エアコンの次に消費電力の高いのが「冷蔵庫」。夏場の冷蔵庫温度を「中~強」、冬場は「弱」にするだけで20%程度の電気代を節約できます!

 

さらに、子どもが勝手に冷蔵庫を開閉して困っているママはいませんか?特に夏場だと冷蔵庫の扉を数秒開けるだけで、すぐに1~3℃冷蔵庫内の温度が上昇します。対策として100円均一などで売られている冷蔵庫カーテンを付けるのもおすすめですよ。

 


待機電力をカットする便利アイテム

 

電気代の約10%は待機電力といわれています。この待機電力をカットする便利アイテムこそが「省エネタップ」です。ON・OFFボタン付きのコンセントが複数ついているもので、いちいちコンセントを抜く手間がいりません。ボタン1つで使わない電力をカットすることができるので便利です。

 

電気屋さんへ行くとコンセントの数など、いろいろな種類の省エネタップが売られています。ご家庭や設置場所に合ったタイプを購入しましょう!

 

 

ほかにも、こまめに電気を消す、数日にわたって家を空ける時はブレーカーを落とすなど、さまざまな節電方法があります。日々のこまめな節電意識が結果として金額にあらわれてきますよ。年間1万円以上の節約も夢じゃありません!

 

(TEXT:みかん)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。