先輩ママ直伝!炊飯器におまかせ!簡単離乳食

2016/06/13 08:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

大人用と小さい子どもの離乳食を別々に料理するのは時間も手間もかかって大変ですよね。そんな時は炊飯器におまかせ!大人用のごはんを炊くのと同時に、野菜もやわらかく、おかゆも簡単にできちゃいますよ。今回は私が実践している野菜スープ、肉団子、いもがゆの調理方法をご紹介します!

 

まずは下ごしらえ!

 

野菜類はカットして、肉団子はタネを丸め、おかゆのお米は研いでおきます。それぞれ湯飲みやコップ(耐熱のもの)に材料を入れます。その時のメニューによって湯飲みやコップに入れる水の量を調整してください。

 

お水を多めに入れればスープになりますし、少なめだと蒸したようなできあがりになります。水を入れても入れなくても熱は通るのでそんなに細かく計量したりする必要はありません。

 

下ごしらえができたら炊飯器にセット!

 

炊飯器には普段通りにお米を研いで水を入れます。その上に材料を入れた湯飲みを静かに置きます。(倒れないように湯のみを少しだけお米に沈みこませますが、あとで湯のみにお米がくっつくのであまり深く入れないようにした方が良いです。)

 

炊飯器の「白米ふつう炊きコース」で炊いていきます。わが家の炊飯器は3合の場合、約1時間程度で炊けます。この間に大人用のおかずを作っています。

 


注意!失敗しないコツ

 

野菜類はあまり細かくしすぎるとやわらかくなりにくいので、ある程度 (最低5mm角位)の大きさで炊いてから、やわらかくなったあとにさらに小さく刻んでください。

 

炊飯器の速炊きコースで炊くと、おかゆは芯が残ることがあるので注意!おかゆの水の量は、お米と水1:2で通常のおかゆができます。離乳食の時期に合わせて水分量は調節してください。湯飲みの形状が高台のないもの(フラットなもの)を選ぶと、炊けたお米がくっついても取りやすいのでおすすめです。

 

 

離乳食作りに炊飯器を使えば、簡単で手間もかからず、光熱費も節約できます。忙しくて時間がなくても、手作りで栄養のあるものを食べさせてあげることができますよ。簡単なのでママはもちろん、パパもぜひお試しください!

 

(TEXT:さいとー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。