【育児のQ&A】授乳間隔が長くなってしまう時があります

2015/10/11 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

雑誌や育児書通りにはなかなかいかない育児。
授乳タイミングが産院で習ったパターンや本で書いてあったことと違ったらどうすればいいのでしょうか。
 
 

Q:授乳間隔が長くなってしまう時があります

 

生後1ヶ月の息子を完全母乳で育てています。二時間で起きるときはいいのですが三時間で起きないときがあります。

雑誌では1ヶ月検診で指摘がなかったら無理に起こさなくても泣いたらあげるつもりでいいと書いてありました。

二時間や三時間で起こさなくても泣いたらあげればよいのでしょうか。とても不安です。

 

 

 

A:無理に起こさず、目覚めたときにあげましょう

 

1カ月のお子さんぐらいになると哺乳力もついてきてたくさん飲めるようになります。

この頃からは「自律哺乳」といって飲みたいときに飲めるだけ母乳をあげてよいです。たいてい哺乳に満足すると赤ちゃんは眠ってしまうので、無理に起こさず、おなかがすいて、目覚めたときに哺乳をするのでよいです。

逆に、哺乳後あまり時間がたってないのに泣いてしまう時は他の原因も考えます。

おなかに便やガスがたまって気持ち悪い場合も考えられますし、おむつが濡れて気持ちわるいのかもしれません、甘えているのかもしれません。理由がなく泣いていることもあります。

赤ちゃんは「泣くのが仕事」ですから、何をしても泣きやまないことも結構あります。

そんな時は、そのまま泣く練習?をさせてあげて、お母さんはお茶でも飲んで、気分転換することをお勧めします。赤ちゃんの泣きに「いらいらしない工夫」をします。(回答/松井潔先生

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。