先輩ママの新発想!「スティックおにぎり」が便利!

2016/06/19 19:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

三角のおにぎり、小さい子には実は食べにくいって気付いていましたか?食べている途中で崩れたり、ちょうど良い量をパクリとできなかったりと苦戦することがよくありますよね。

 

そこで発想を変えて、おにぎりだけど三角じゃない「スティックタイプ」のおにぎりがおすすめ!

 

いつもの三角おにぎりで大惨事・・・

 

長女が1歳半のころ、公園や児童館に朝から出かけてお昼前に帰宅する際に、遊び疲れておなかが空くのと眠たくなるのとの闘いで、車でほんの10分未満の距離なのにグズグズされて困ることが続きました。

 

そこでおにぎりを持ち歩くことにして、帰りの車内で食べてもらおうと考えました。始めは三角のおにぎりでしたが、家に着いて娘を見るとまぁ大変!おにぎりをうまく食べられず、米粒だらけになってベタベタ!片付けもひと苦労でした。

 

おにぎりスティック化の始まり!

 

三角のおにぎりが1歳半の娘には食べにくく、1人で食べてもらうと後片付けが大変だとわかってなんとかしたいと思った時、長女がハマっていたおさかなソーセージを見て閃きました!おさかなソーセージのように、長細く握ったおにぎりにすれば良いのではないか?と!

 

さっそくおさかなソーセージのように長細く握ったおにぎりを作り、長女に食べてもらうと・・・持ちやすい、崩れない、ひと口サイズで食べやすい、と良いことづくめ!

 


良いことづくしのスティックおにぎり!

 

スティックおにぎりが定番になり、その持ち運び法もあれこれ試行錯誤。落ち着いたのは、ペットボトル用の保冷バッグです。スティックおにぎりを立てて入れられて、ついでにおさかなソーセージとやっぱりスティックタイプのチーズ、保冷剤も入れてペットボトルサイズとすっきり!

 

おにぎりには、鮭わかめやゆかり、おかかなどを混ぜて、日替わりで組み合わせを替えれば小さな小さなお弁当のでき上がりです。

 

 

発想の転換をしておにぎりの形を変えるだけで、子どもにもママにも都合が良くなる!わが家では、3歳を過ぎた二女が今もなお、スティックおにぎりが大のお気に入りです!

(TEXT:あきひめいちご)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。