【妊娠・出産のQ&A】妊娠7週で手足口病に感染。胎児に影響はないでしょうか

2015/10/12 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

妊娠中は薬を簡単には服用することができないので、病気にかかってしまわないかと毎日ヒヤヒヤ。
けれど、気を付けていてもかかってしまうことはあります。
もし妊娠中に手足口病に感染してしまったら?
 

Q:妊娠7週で手足口病に感染。胎児に影響はないでしょうか

 
妊娠7週で手足口病に感染してしまいました。胎児の臓器が形成される時期で、薬の影響を受けやすいと聞き、うがい薬のみ処方されました。
38度台(39度近くもあり)の発熱、喉の痛みがあり、手足に湿疹ができて痛みがあります。胎児への影響はあるのでしょうか?
 
 
 

A:一般的に先天異常は増加しないとされています


手足口病は、エンテロウイルス属であるコクサッキーA群16型とエンテロウイルス71型の感染によって発症することが多いです。経口、飛沫、接触での感染により1~2日間発熱した後、舌、口腔粘膜、手のひら、足の裏、指の間などに小水疱が現れます。
妊娠中に感染しても、一般的に先天異常は増加しないとされていますが、ウイルス血症の併発による流産、胎児水腫などの異常発生の報告もあります。しかし、これらの異常は多くないようです。(回答/天神尚子先生

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。