野菜嫌いを楽しく克服!親子で家庭菜園をしよう!

2016/06/20 08:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

野菜嫌いのお子さんって多いですよね。わが子もその1人でした。野菜を克服するために「食べなきゃダメ!」とついイライラしていませんか?
 

子どもの野菜嫌いを克服するために、家庭菜園を活用し野菜に興味をもってもらうことから始めてみませんか?

 

なんで子どもは野菜嫌いなんだろう?

 

私には5歳と2歳になる息子がいます。上の子は2歳の時、すごく偏食でした。野菜なんて絶対に食べず、私は毎日イライラ。「食べなさい!」と強引に食べさせては子どもを泣かし、最悪吐いてしまうという日々。

 

子どもに「なんで野菜食べないの?」と聞くと「だっておいしくなさそうだもん」と。そこで過去にトマトを自分で栽培した際、成長を見るのが楽しくて「早く食べてみたい!」と思ったことを思い出し、家庭菜園を始めました。

 

まずは興味を持ってみよう!

 

畑の準備から息子と全部一緒に作業をしました。庭に囲いをし、土を入れ、畝を作る。1つ1つの工程で「ここは野菜さんのお家だから頑張って作ろうね」と声かけをし、まずは本人に興味を持ってもらいました。

 

すると「じゃあ何作るの?」と少しずつ興味が湧いてきたようで、一緒に苗を選びました。「どの子がかわいいかな?」と真剣に楽しんで選びます。まずは食べやすく、育てやすいトマト・キュウリに挑戦!毎日の水やりは子どもの仕事です。

 


自分で作った野菜っておいしい!

 

毎日、野菜の水やりや成長具合を観察をすることによって野菜への抵抗が少なくなり、愛着が湧いてきます。私は無農薬で家庭菜園をおこなうので、安全なものが食べられます。

 

また、虫がつくことによって「虫さんが野菜おいしいって!じゃあ私たちも食べたらおいしいのかも!」そう言うと、上の子はトマト・キュウリ・ピーマン・トウモロコシにチャレンジし、「野菜っておいしいね!」と野菜嫌いを克服!今ではサラダが大好きになりました。

 

何ごとも子ども本人に興味を持たせ、自分から「やりたい、食べてみたい」と思わせることが大切だと思います。家庭菜園は難しいと思われがちですが、土・肥料・水やりに気をつければOK。まずは気軽にプランターで育ててみてはいかがでしょうか?子どものMYじょうろもお忘れなく♪

 

(TEXT:ちゅん茶)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。