トイレトレーニングに役立つ絵本!男の子編

2016/06/17 08:00
カテゴリ│
エンタメ
中カテゴリ:


トイレトレーニングがなかなかうまく進まずにあせっているママも多いかと思います。わが家では、もうすぐ3歳になる息子のトイレトレーニングがなかなか上手く運ばなかった時『おむつはずしのえほん おとこのトイレ』という絵本に出会いました。

 

この絵本のおかげで、あっという間にトレーニング終結の日を迎えることができました!トイレトレーニングが進まずに悩んでいるママだけでなく、これから始めようというママにもこの本の魅力をご紹介します。

 

トイレって何?がわかる絵本

今までおむつで過ごしていた子どもがトイレに親しむために、トイレとは何かを絵本でイメージできるようになります。


ポプラ社の『おむつはずしのえほん おとこのトイレ』では、実際におとこのこ「まあくん」が登場し、トイレの使い方をやってみせてくれます。読み手の子どもは、まあくんと一緒にトイレに行き、「トイレのフタと便座をめくる」や「トイレットペーパーを切る」のしかけを体験できます。このしかけは子どもにとって楽しく魅力的のようです。

 

フレーズが覚えやすい!

絵本の文章は短文でリズム感あるフレーズが多く使ってあります。何度も読み聞かせをするうちに子どもはフレーズを覚えていきます。


例えば、立っておしっこをする場合、便器の中心に向けておしっこができるように、目指すべき場所を「目指せ100点ゾーン」という風に表現しています。子どもは覚えたフレーズを口ずさみながら実践!この絵本の中に出てくるフレーズを使って、子どもへの声かけがしやすくなりました。

 


小さな文字で書かれた「おうちのかたへ」

各ページに小さな文字で書かれた「おうちのかたへ」は、親にとって初めて子どもをトイレに連れていくために、どのようなことを注意したら良いかが丁寧に書かれています。子どもへの声がけのヒントも書かれていて、私はとても参考になりました。最後のページ「和式トイレ」「おしっこ用トイレ」の使い方は、お出かけした時のトイレもへっちゃらになりますよ!

 

わが家で何度も試みたトイレトレーニングを克服できたのは、この1冊に出会えたからといっても過言ではありません。何度もせがまれて繰り返し読みました。子どもが自分でページをめくり、読んでいたこともあります。大人の目線ではわからない魅力的な1冊。イメージトレーニングって大事!

(TEXT:風)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

エンタメの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

エンタメに関するキーワード