図書館を活用しよう!絵本が大好きな子へ

2016/06/21 08:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

子どもが小さなころから絵本をたくさん読んであげたいけれど、絵本ってけっこう高い!「何冊も何冊も」は買ってあげられないので、わが家では「図書館」を活用しています。

 

図書館には自分が小さいころに読んだ絵本や、絵もかわいらしい今風のものまでたくさんの絵本が並んでいます。図書館をうまく活用して、お子さんを本好きにしてみませんか?

 

図書館は宝箱!ワクワクの空間です

 

本が大好きで、毎晩の絵本タイムを楽しみにしているわが娘。そんな娘を初めて図書館に連れて行ったのは2歳半のころ。どんどん内容を理解できるようになり、いろいろなタイプの絵本を読んであげたいと思ったのがきっかけでした。


たくさん絵本が並んでいる空間は、娘にとってとても刺激的だったようで、初めて入った時の「うわぁ!」という声と目のキラキラが忘れられません!

 

3歳児の絵本の選び方

 

図書館に行くようになって少し経ったころ、娘が自分で本を持ってくるようになりました。そこで、まずは娘に好きな絵本をたくさん持ってきてもらい、私は字が多すぎないかだけを確認することに。今まではママ好みで選んでいたので、娘が選ぶものがとても新鮮でした。


また、「これは妹の!」と妹の年齢に応じた絵本も、娘なりに考えて選んでくれたようで娘の成長を感じられた瞬間でした。
 


夜の絵本タイムがますます楽しみに!

 

絵本を自分で選ぶようになってから、夜の絵本タイムがとても長くなりました。もちろん選んだ本の中でも娘なりにあたりハズレがあるようで、20冊借りても繰り返し読むものは数冊という場合が多いのですが・・・。


そうすることで娘の好みやいま興味のあるものなどがわかって、ママもとても勉強になります。また自分で選んだことで、本を大切にし、中身をしっかりと理解しようとする責任感みたいなものがぐんぐん出てきたようです。

 

図書館を活用して、自分で本を選ばせることで娘の自主性が強くなり、さまざまな成長が見られるようになりました。小さな子どもを連れて静かなところは・・・とためらう方も多いと思いますが、絵本コーナーは小さなテーブルがあったり、少し声を出しても大丈夫なように工夫されたりしているところも多いです。
 

いつものおでかけコースに図書館を入れてみてはいかがですか? そして、たっぷりと時間をとって、ぜひ子ども自身に絵本を選ばせてあげてください!
 

(TEXT:mingo)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。