妊娠中、スナック菓子がやめられない!大丈夫!?

2016/06/09 06:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

サクサク、ぽりぽり。家にあると、つい食べたくなるのがスナック菓子です。特に深夜、小腹が空いた時にスナック菓子に手を伸ばし、気が付けば一袋をペロッと食べてしまうなんてことはありませんか?

 

妊娠中はおやつの食べ方を見直す良い機会です。今回は、妊娠中のスナック菓子の食べ方についてお伝えします。

 

そもそも、スナック菓子はどんなお菓子?

気軽に食べることができるスナック菓子は、いもやとうもろこし、小麦粉を加工して油で揚げたものです。例えばポテトチップスはサクサクしておいしいのですが、油で揚げているため高カロリー。塩分や食品添加物もたくさん含まれています。

 

また、スナック菓子にはリンが多く含まれています。リンには、カルシウムと結びつき、体内への吸収を妨げる性質があります。妊娠中は赤ちゃんの体を作り、ママの体を維持するために、カルシウムがふだん以上に必要な時期です。

 

このため、妊娠中にスナック菓子を食べることは、できるだけ控える必要があります。

 

スナック菓子はお皿に取り分けてから!

どうしても市販されているスナック菓子を食べたい時は、袋を開けたままの状態で食べるのではなく、おやつで食べる分だけお皿に取り分けてから食べるようにしましょう。またパッケージに書かれているカロリーや塩分も必ず確認すること。

 

できるだけ塩分やカロリーの少ないものを選び、1回に食べる量を自分でコントロールしながら食べましょう。

 


おやつはスナック菓子以外もある!

スナック菓子もコンビニやスーパーで買うのではなく、家で手作りすればカロリーや塩分を抑えることができます。

 

例えばポテトチップスは、薄く切ったじゃがいもを電子レンジで加熱すればOK。自家製ノンフライチップスが、あっという間にできますよ。

 

妊娠中の間食は、3回の食事でとりきれない栄養を補うための食事です。3回の食事ではなかなかとることが難しい果物や乳製品も間食にはぴったり。スナック菓子以外のものを、間食で選ぶようにしましょう。

 

 

妊娠中は、多くの栄養が必要な時期です。カロリーや塩分の多いスナック菓子は、できるだけ控えること。もちろん、寝る前に食べると太る原因にもなるので要注意ですよ!


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。