【助産師がレクチャー】「NICU」ってどんなところ?

2016/07/06 13:30
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
新生児

 

こんにちは!助産師のREIKOです。生まれたばかりの赤ちゃんに何かあったら・・・と1度は考えたことはありませんか?

 

順調な経過で出産したらお世話になることはあまりない施設かもしれません。でも、もしかしたらお世話になるかもしれないのがNICUです。

 

NICUとは、Neonatal Intensive Care Unitの略で、新生児に特化した専用の集中治療室のことです。今回は、そんなNICUとはどんなところなのかご紹介します。

 

NICUってどんなところ?

NICUは総合周産期母子医療センターやこども病院、総合病院など比較的大きな病院に設置されていて、生まれたあとに何らかのケアが必要な赤ちゃんが入院しています。

 

NICUに入院している赤ちゃんの多くは「ママのおなかの外の生活に適応できていない」状態といえます。そのため、外の生活に慣れるようなお手伝いをしているというのが治療の中心です。

 

院内だけでなく、そのほかの産院で生まれた赤ちゃんも搬送されてきます。そのため、新生児搬送専用の救急車を持っている施設が多くあります。

 

NICUではどんなスタッフが働いているの?

NICUには医師、助産師、看護師はもちろん、さまざまな職種のスタッフが働いています。

 

大人は必要な検査などがあれば自ら行くことが多いですが、NICUでは放射線技師、理学療法士などが来てくれます。栄養士が調乳したり、薬剤師が点滴を作ったり、ME(臨床工学技士)が赤ちゃんに使用している機器を管理したりと、たくさんのスタッフが赤ちゃんを支えています。

 

担当の赤ちゃんはわが子同然!スタッフも愛情いっぱいで関わっていますよ。

 


NICUではどんな治療をするの?

「ママのおなかの外の生活に適応できていない」赤ちゃんのために、なるべくママのおなかの中と同じような環境を作り、まだ未熟な呼吸や消化、体温コントロールを保育器、呼吸器、点滴などで補っています。

 

小さな赤ちゃんを取り巻く、たくさんの器械にびっくりするかもしれませんが、それと同じような機能がママのおなかに備わっているなんてすごいですよね。

 

そのほか、今後起こりうる症状が出ないよう、予防的な治療もおこなっています。

 

NICUの退院はいつごろ?

NICUに入院している赤ちゃんの退院の時期は施設ごとに体重や修正週数など、基準があることが多いです。赤ちゃんの状態だけでなく、ママの育児状況やおうちの受け入れ態勢などをみて、退院が決まります。

 

その後、小さく生まれた赤ちゃんは、退院後も定期的に成長・発達の状態を外来で見ていくことになります。

 

今回ご紹介したのは、NICUのほんの一部です。元気な赤ちゃんが生まれることに越したことはないですが、もしも生まれたばかりの赤ちゃんに何かあった時、NICUがあると思うと安心ですよね。(TEXT:REIKO)

 

 

クックパッドベビーでは、小さく生まれた赤ちゃんに関する質問や相談もお伺いしています。「助産師に質問」のコーナーから、気軽に質問してくださいね。

助産師に質問する 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 3

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。