意外と知らない・・・「助産師」ってどんな人?

2016/07/05 13:30
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

クックパッドベビーをご覧のみなさま、こんにちは!助産師のREIKOです。

 

私も助産師と名乗っているのですが、みなさんは助産師って何者かご存知ですか?妊娠をきっかけに初めて“助産師”の存在を知る方も多いのではないでしょうか。

 

読んで字の如し、助産師とは、お「産」を「助」けるその技術の専門家(「師」)です。出産の際に赤ちゃんを取り上げる(=助産)というイメージが大きいかもしれませんが、それだけが助産師の仕事ではありません。

 

今回は意外と知っているようで知らない助産師についてご紹介したいと思います。

 

助産師と看護師って違うの?

産院にはいろいろな職種のスタッフがいることをご存知ですか?施設によってユニフォームが違っていたりするかもしれませんが、助産師と看護師はパッと見ただけでは違いがわからないと思います。

 

簡単にいうと助産師と看護師の違いは業務内容です。助産師は看護師免許を持っているので看護師の仕事もできます。助産師だからこそできる大きなことは「正常な経過でのお産を取り扱うことができること」「助産所を開業できること」だといえます。

 

助産師にはどうやったらなれるの?

助産師になるには、まず国家資格である看護師免許を持っていることが前提です。その後、助産師養成機関で1年以上助産に関する専門的な知識と技術を学びます。

 

産院での実習もあり、先輩助産師の指導のもと、お産に立ち会ったり、実際に赤ちゃんを取り上げたりします。

 

そして、助産師国家試験を受けて合格しないと助産師にはなれません。看護師や保健師は男性でもなれますが、助産師の場合、日本では現在女性のみの資格です


助産師の仕事ってどんなこと?

助産師は、妊娠中からママと赤ちゃんの健康と安全なお産のために、必要な健康管理やアドバイスをおこなっています。

 

正常な経過のお産では、ママをサポートしながら赤ちゃんを取り上げます。産後は母子の健康管理や育児指導、時には家庭訪問などをおこない、妊娠から出産、育児に至るまでの支援をしています。

 

また、思春期・更年期など、女性のライフサイクル全体を通して、より女性が健康でいられるよう、家族を含めた支援をおこなっています。

 

そのほかにこんな仕事も!

産院だけでなく、自宅で母乳育児相談室を開いていたり、保健センターや学校に出向いて健康教室をおこなったりと、助産師はさまざまなところで活躍しています。

 

医療の現場だけでなく、大学や専門学校などの教育・研究機関でも、教員として助産師が働いていることもあります。ちなみに私も病院で助産師として働いたあと、看護大学で教員をしていました。

 

女性の強い味方の助産師。意外と身近なところで働いているかもしれません。出産や育児で、困ったことやわからないことがあったら、助産師に相談するといいですよ。(TEXT:助産師 REIKO)

 


クックパッドベビーでは、「助産師に質問」というコーナーで助産師がみなさんのお悩みや質問に解答しています。気になることがある方はぜひご質問ください!

助産師に質問する 


  • 3
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。