【育児のQ&A】生後1週間の子の便の回数が少なくなりました

2015/10/13 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

日々の食事、排せつに関することは、産婦人科で習ったことや育児書どおりにいかないことはしばしば。

けれど、基本的なことなことだからこそ、イレギュラーな状態になるとママにとっては一大事です。

今回は、退院後、便の回数が減ってしまったケースについての質問です。

 

Q:生後1週間の子の便の回数が少なくなりました

 

今、生後10日の子供がおります。母乳がまだたくさん出ないので、ミルクを一日に7回であげています。

入院中はミルクの度に出してたのですが、退院してからうんちの回数が三回になりました。

うんちの状態は、普通に黄色で入院中と変わりはないのですが、量的には多いと思います。

量が多いので、3回になっても大丈夫なのでしょうか?

 

 

A:便の回数が少なくても量が十分に出ていれば心配はないと思います

 

母乳に比べてミルクの場合、便が硬くなりやすいです。

回数も少なくなることがあります。便の回数が少なくても量が十分に出ていれば心配はないと思います。

赤ちゃんは踏ん張る力が弱いので便やおならを十分に出しきれないことがあります。

へそが飛び出したり(お母さんが妊娠していたときに「でべそ」になったように)、腹部が盛り上がっているときは便やガスがたまっている可能性があります。

へその部分は腹筋がないので腹圧が高くなったときに盛り上がるで便秘やガス腹の「バロメーター」になります。ガス腹はゲップが上手にできない子や哺乳のときに空気をたくさん飲んでしまうお子さんに多いです。

 こんなとき綿棒浣腸をしてあげるといいと思います。綿棒の先にオリーブオイルや軟膏をつけて肛門に2−3cm入れ、便やガスがでるまでくるくる回転させます。そうするとうんちやガスが出て、赤ちゃんの表情が和らぎます。にこにこすることもあります。(回答/松井潔先生

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

もっとQ&Aが見たい人はこちらへ>

Q&Aの投稿はこちらへ>

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。