徹底解剖!ベビー靴下の選び方と使い方

2016/07/17 19:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

ベビー用品を見ていると目につく小さな靴下。そのかわいさのあまり、ついつい買ってしまうというママも多いでしょう。

 

でも、そんなママの気持ちと裏腹に、赤ちゃんが靴下を嫌がったり、すぐにサイズアウトしてしまうなんてことも。そんな靴下に関するちょっとしたお悩み、選び方や使い方などを徹底解剖します!

 

ベビー靴下はどんな時に必要?

そもそも靴下はいつから履かせていいのでしょうか?売り場には新生児用の小さい靴下が売られていますので、出生後から使ってOKです。

 

ただし、気を付けないといけないことは靴下の役割。ファッションというよりも、体温を守る用途で使うことを念頭に入れておきましょう。

 

新生児期は基本的には布団に包まれているので、靴下は必要ありません。とくに眠っているときは、靴下を履いていると熱の放出がうまくできない可能性があります。外出時など寒さが気になる時に足元を温かくしたり、汗を吸収させたり、皮膚を保護するために活用しましょう。

 

赤ちゃんが歩けるようになると、靴下は必須アイテムになります。赤ちゃんの足は傷付きやすいので皮膚の保護、靴を履いたときの靴擦れ防止として欠かせないものになります。

 

「すぐに脱げてしまう」を防止するには?

実際に履かせてみると気付くことですが、とっても脱げやすい靴下。まだ歩くことのできない赤ちゃんの足はふっくらしているため、靴下が引っ掛からないのです。

 

外出先で片足だけ靴下がない!という事態も日常茶飯事。実は赤ちゃん用の靴下は、締め付け防止のために少し大きく作られているので、脱げやすくなっています。
 

そんなときの対策として、レッグウォーマーと靴下を併用してみましょう。靴下の上からレッグウォーマーを重ねて履かせれば、靴下を固定させることができます。また、ベビー靴下のサイズ展開は幅広いため、しっかりと赤ちゃんの足に合ったサイズを選んであげることも重要です。


 

知っておきたい!靴下選びのポイント

ベビー靴下は寒い季節の外出時に履かせるため、つい厚手の暖かい靴下を選びたくなります。厚手の靴下を履かせてしまうと足に熱がこもり、体温が上がりすぎてしまう可能性が。そのため、薄手で通気性のいいものがベストです。


そして、サイズは月齢に合った大きさのものを選びましょう。新生児は7~9cm、0~3か月は8~11cm、3~6か月は9~12cm、6か月~1歳は12~13cmが一般的とされています。

 

デザインはひもで結ぶタイプは脱げにくいと好評です。ボンボンやリボンが付いているものなどは、お宮参りなどのおめかしにも最適ですよ!

 

靴下ひとつとっても、何を履かせればいいのかと悩んでしまいますよね。ファッション性も大事ですが、体温調整がうまくできない赤ちゃんの足をやさしく保護してあげるために、最適なものを選んであげましょう。(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。