入院生活のすゝめ【1】 もうすぐお産のママたちへ

2016/07/13 17:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

こんにちは!助産師のREIKOです。予定日が目前というママは、ドキドキワクワクの日々を過ごされていることと思います。

 

分娩予定日はあくまでも「予定日」です。早まることもあるし、予定日を過ぎることだってあります。予定日ぴったりに生まれるケースは20人に1人と意外と少ないんですよ。いつ入院となってもいいように準備万端にしておきましょう!

 

入院グッズは大丈夫?

妊娠10カ月を前に、産院から入院に必要なものについてお話があったかと思います。忘れ物がないかもう1度チェックしておきましょう!

 

入院してからすぐ使うものを一番上にして、1つにまとめておくと便利です。まとめた荷物は、パパや家にいる誰かがわかりやすい場所に置いておいてくださいね。

 

また、連絡先、どこに何があるか、ゴミ出しの日などの一覧表をわかる所に貼っておくとあわてずに済みますよ。

 

入院当日のシミュレーションはOK?

いざお産となったとき、陣痛から始まる人、陣痛の前に破水してしまう人、ケースはさまざまです。ケースごとにどうやって行動するか、もう1度確認しておきましょう。

 

また、産院までの車の手配は大丈夫ですか?自家用車で産院に向かうという方は、ガソリンの補給も忘れずにしておいてくださいね。

 

なかには陣痛が来て、あわてて救急車を呼んでしまう方もいらっしゃいます。救急車は基本的にお産では利用できません。まずは産院に連絡をして指示を仰ぎましょう。


 

パパや上のお子さんは大丈夫?

ママが入院している数日間、パパのお食事はどうするか考えてありますか?自分でお料理?外食?コンビニ?いろいろあるかと思います。栄養面が気になる方は、冷凍保存できるメニューを準備しておくと安心ですね。

 

そして、上のお子さんがいる場合は、入院の際にどうするか確認しておきましょう。入院の時期はいつになるかわかりません。夜中だったり、産院の独特な雰囲気でグズってしまったりする可能性もあります。入院時、預かってくれる人がいると安心です。その際には、事前にお泊り練習なんかもできるとより安心かと思います。

 

外出時は忘れずに!

日々のお買い物、運動がてらのお散歩、健診など、妊婦さんが外出されることもあると思います。外出時に破水した!なんてこともありえます。

 

そんなときにあわてないように、母子手帳、保険証、診察券、生理用ナプキン(普通サイズと夜用があると安心)、産院や家族の連絡先などを書いたメモなどを持ち歩くようにしましょう。

 

わが子の誕生を待ち遠しく思って過ごす日々もあと少し。赤ちゃんはタイミングを見て生まれてきます。その日がいつになるかは赤ちゃん次第!?その日までにご夫婦で呼吸法も復習して、準備万端で迎えましょう!(TEXT:REIKO)

 

出産直前の困ったこと、心配ごとがある方は「助産師に質問」で直接聞くこともできますよ。ぜひご活用ください!

助産師に質問する 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード