赤ちゃんのすべすべお肌をキープ!真夏のあせも対策

2016/06/17 06:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

日に日に気温も高くなり、汗でベタベタする季節がやってきます。赤ちゃんがあせもなどの肌トラブルを起こさないよう、十分に気を付けたいですね。

 

今回は、赤ちゃんのあせも予防の方法をご紹介します。これからの季節も赤ちゃんが健やかなお肌で過ごせるように、ぜひ参考にしてください!

 

こまめに拭き拭きが鉄則!

赤ちゃんは大人より体温が高い分、汗をかきやすいです。汗は渇くと塩分が残るので、肌荒れやあせもの原因になります。外出中はもちろん、室内にいる時も気は抜けません。

 

赤ちゃんが汗をかいていたら清潔なタオルでやさしく拭き、こまめに着替えをしてあげましょう。体を拭く時は首まわりのシワや手足の付け根、耳の後ろなど、つい忘れがちな部分もしっかりと拭き取ってあげることが大切です。

 

体のためにクーラーの使用を控えたいママもいるかもしれませんが、あせもができて赤ちゃんが苦しんでしまったら元も子もありません。エアコンの風が直接あたらないよう、適度にクーラーをつけて快適な室内環境を保って予防してあげましょう。

 

外出時もあせも予防!

真夏の外出時は、ハンドタオルではすぐに汗でびっしょりしてしまいますし、汗の染み込んだタオルで拭いてあげても逆効果。そこでおすすめなのが、「赤ちゃん用の体拭きシート」です。ドラッグストアなどで携帯用サイズの物も購入でき、おしり拭きでも代用できますよ。使い捨てなのでとっても衛生的です。

 

あせもができやすい背中には、汗取りパッドをつけてあげるのも効果的です。汗を吸い取ったら引き抜くだけなので、肌着を交換できない外出時には特に重宝するアイテムです。

 

お家に帰ったら、赤ちゃんにさっとシャワーを浴びせて清潔を保ってくださいね。


 

お肌に触れるものは衛生的に!

この時期は、服装選びがとっても大切。あせもを防ぐため、通気性の良いガーゼ素材の下着やお洋服を着せましょう。赤ちゃんのお洋服は、大人よりも1枚少ない枚数がベスト!

 

そして、あせもがもっともできやすいのは、おむつのウエストギャザー部分といわれているので、おむつ交換もこまめにしてあげてくださいね。

 

また、大量の汗が染み込んだ布団は、雑菌の温床になります。ちょっと大変ですがタオルや下着だけでなく、布団もこまめに洗濯して衛生的に保ちましょう。お布団の敷きっぱなしは厳禁ですよ!

 

 

大切な赤ちゃんのすべすべお肌を守るためには、日常生活の中で意識的に清潔を保つことがとっても大事です。あせも予防はちょっぴり大変ですが、ジメジメ不快な夏の季節も赤ちゃんがニコニコ笑顔で過ごせるように心掛けてみてくださいね!

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。