早め準備が断然お得?七五三の準備は今から始めるのが正解

2016/06/18 12:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

11月の七五三へ向けて、いつから準備を始めたらいいの?記念に残る七五三をかなえるための段取りを紹介します。

 

【6月】おおまかな段取りを決める

七五三といえば、スタジオで写真撮影をし、神社でお参り、その後家族で食事会をするというのが一般的な流れ。でも、それをすべて1日でするとなると、朝早くから子供に着付けをさせてたくさん移動をすることに。3歳や5歳の小さな子供は途中で疲れてぐずってしまうので、写真撮影は事前に済ませてしまう人が多いです。

 

6月までに決めたいこと

□どこの神社にお参りをするか

□記念撮影はどこのスタジオにするか

□お参りと記念撮影を同じ日にするか

□食事会はどこでするか

□家族だけか、祖父母も一緒に行くか

□衣装はレンタルか購入か

 

【8月】前撮りは早いほうが断然お得

写真撮影を前もってする場合は、思い切って8月までに済ませるのもひとつの手です。七五三シーズン前で比較的空いているため、日程や衣装を選びやすく、余裕をもって撮影に集中できます。スタジオによっては5月くらいから「七五三の早撮りキャンペーン」というのを始めます。格安で撮影ができたり、特典がたくさん付くので、10・11月の繁忙期よりもお得なことも。お参りの日は無料で着物をレンタルしてくれるスタジオもあり、2回も衣装が着られたりとメリットがいっぱい。ぜひ早い撮影を検討してみてください。数え年で3歳の七五三なら後撮りをするのもおすすめです。

 


 

【9月】衣装や食事会の手配をする

祖父母と一緒にお参りをする場合は、お互いの都合を早めに調整して、神社に参拝する日程を決めます。お参りのあとに食事会をする店も、10・11月の週末などはあっという間に埋まってしまうので、個室などは早めの予約がおすすめです。忘れがちなのが親の衣装。子供の準備に気を取られて後回しになりがちですが、和装にするときはレンタルの手配とともに、当日の着付けやヘアメイクをどうするかも考えておきましょう。

 

9月までに決めたいこと

□ 神社に参拝する日程を決め、ご祈祷の予約を入れる

□ 子供の衣装、着付け、ヘアメイクを手配する

□ 親の衣装を考える

□ 食事会の場所を予約する

□ 交通手段を決めておく

 

のんびりと9月ごろから準備を始めた先輩ママによると、人気のスタジオは予約がとれなかったり、好みの衣装が借りられなかったりして残念な思いをしたそう。とにかく早め早めに動き出すのが成功の秘けつのようです。(TEXT:妹尾香雪)

 

 

フォトスタジオガイドはこちら 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。