暑い夏になる前に赤ちゃんの水分補給をおさらい!

2016/06/20 10:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。夜は涼しいけれど、昼間は汗をかくほど暑い日もありますよね。特にこの時期から、私が気をつけていることは水分補給です。赤ちゃんがどれだけ水分がいるのか?これで足りているのか?ということは気になるところじゃないかなと思います。今日は、赤ちゃんの水分補給のお話をしたいと思います。

 

水分が不足するとどうなるの?

水分が不足するとどうなるのでしょうか?脱水症状を起こすことがあります。赤ちゃんの身体は小さく、体温調節が未熟です。大人は体内水分量が60%ですが、赤ちゃんは70~80%ととても高く、大人に比べて水分が必要ということになります。赤ちゃんは自分から水分を「ほしい」と言えないですよね。だからこそ、大人が気にかけて水分を与える必要があります。

 

脱水症状の見分け方

どんな状態が脱水状態なのか。目安があると分かりやすいですよね。
 

・機嫌が悪い
・顔が赤い
・唇が渇く
・脈が弱い
・発熱している

 

などなど。いつもと赤ちゃんの様子が違うときは注意してください。

 


 

 

水分補給を心がけよう

赤ちゃんに水分補給をするのには心がけたいことがあります。

 

水分はこまめに飲みましょう

水分はこまめに飲むようにします。授乳の時間や、朝、昼、夜の離乳食以外にも、水分を飲みましょう。例えばお外遊びの時、お昼寝から起きたとき、お風呂上りに。ママのルールを決めてもいいですね。

 

ジュースではなくお茶や湯冷ましを飲む

水分はお茶か湯冷ましをおすすめしています。ジュースやイオン水は、甘いので飲ませないようにします。

 

一回の目安量は

どれくらいの量が適量なのかってなかなか分からないですよね。目安として、0~5カ月なら20~30ml、6~11カ月で30~50mlを目安にしてみてくださいね。

 

食事の前は大量に与えない

食事前にたくさん水分を飲んでしまうと、おなかがいっぱいになってご飯をあまり食べてくれないことがあります。飲むとしても少量を心がけましょうね。

 

離乳食に汁ものを用意

離乳食に汁ものを用意すると、自然と水分を身体に入れることができますね。ご飯(おかゆ)にも、水分が多く含まれています。

 

 

暑い夏。赤ちゃんだけでなくママも水分はしっかりと取るようにしてくださいね。特に授乳中のママは普段の夏以上に飲むよう心がけてください!!

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。